ひろゆき(西村博之)とEXITりんたろーが擁護(ようご)する理由は?【小山田圭吾イジメ問題】

東京オリンピック・パラリンピックの

制作メンバーとして選ばれ、

過去のいじめ問題で炎症中の小山田圭吾氏、

批判の嵐の中、2チャンネルの開設者の

ひろゆき(西村博之)氏とE XITりんたろー氏が

小山田圭吾氏の擁護するようなツイートや

コメントをしています。

 

世間の声に対して、擁護する意図は何なので

しょうか?

 

その理由が知りたいですね?

 

 

 

小山田圭吾いじめ問題

小山田圭吾氏(52歳)といえば、

東京オリンピック・パラリンピックの

開会式の作曲家として起用されています。

 

しかし、話題になるにつれて、小山田圭吾氏

の過去のイジメが、東京オリンピック・パラ

リンピックの理念に逆行していると非難の嵐

で大炎上しています。

 

小山田圭吾氏は、26歳の頃自ら小学生時代

から高校生時代までのイジメや差別を

悪びれることなく告白していますね。

 

小学生時代には、言語障害者のAさんに

対して馬鹿にしたり、段ボール箱に閉じ込め

て、粘着テープで貼ったりしたことを告白、

また、ダウン症の生徒が通う特別支援学校を

笑い物にしたり、さまざまないじめを

告白していて、非難が殺到しています。

 

また朝鮮人だという男の子へのいじめまで

も、悪びれることなく、1995年8月号の

クイックジャパン(太田出版)「いじめ紀行」

で告白、掲載されているようです。

 

東京オリンピック・パラリンピック組織委員

会が発表した五輪開会式・閉会式の制作メン

バーに作曲家として小山田圭吾氏も選ばれて

います。

 

その後、過去のいじめ問題が、ネット上、

話題になり、東京オリンピック・パラリンピ

ックの理念に逆行しているとして大炎上して

います。

 

 

小山田圭吾氏のイジメ問題を擁護

 

ひろゆき(西村博之)氏

ひろゆき氏は、ツイッターで小山田圭吾氏の

過去のいじめ問題について擁護と取れる

ツイートをしています。

 

『ネットで小山田圭吾氏のいじめ問題が

話題になるのは3回目で、10年おきにずっと

起き続けるのかな』と意味深なツイートして

いますね。

 

また、江戸時代とか大正時代だと言わない

だろうしとか、

故人だと言わないだろうしとか

のツイートの意味は何なのでしょうか?

 

 

E XITりんたろー氏

りんたろー氏も、小山田圭吾氏のいじめ問題

に対して、小山田圭吾氏を擁護する発言を

して話題になっています。

 

りんたろー氏は、

「人としてあるまいじき行為断定しつつも、

じゃあ、清廉潔白な人っていますかって思っちゃう。

どの上、どこから歩んできた27年とか40年とかのこの人が

歩んできた道とか、後悔とか、成長とか、

変化とかを全部無しにして、

この行為だけをクローズアップして…。

今を見ずに、過去の彼に対して石を投げるっいうのが

正しいっのかっていう疑問はありますね」

と持論を展開した。

引用元:東スポ

 

ちなみに、相方の兼近大樹氏は、

過去に含めて今につながってるので、

『過去を背負って生きろよ』と語っていて、

小山田圭吾氏の過去のいじめ問題に声を

あげている人は、何のために叫んでいるかを

知りたいと話しています。

 

コンビでも違う意見なんですね。

 

 

ひろゆきプロフィール

 

本名:西村博之

生年月日:1976年11月16日(44歳)

出身地:神奈川県(生後間もなく東京へ)

出身校:中央大学文学部教育学科

職業:実業家・著作家・YouTuber

※2チャンネルの解説者で東京プラス株式会社

代表取締役、その他多くの企業に携わり、

プログラマーとしても活躍しています。

 

ひろゆき少年時代のトカゲ事件とは?

 

ひろゆき(西村博之)氏の小学生時代の趣味は

トカゲを捕まえる事だったそうです。

 

小学生時代だとトカゲとか虫とか好きな男の

子は、たくさんいましたよね?

 

でも、ひろゆき(西村博之)氏は、

捕まえたトカゲを自宅にばら撒いていたと

か?

ケージにも入れずに飼っていたので

しょうか?

 

ひろゆき氏の父親は、国税局の職員で

その官舎に住んでいたという事ですが、

自宅にトカゲばら撒いても家族は何も言わな

かったのでしょうか?

普通の家庭なら、間違いなく怒られていた

でしょう!

 

自由に育ったという事でしょうか?

 

ひろゆき(西村博之)氏は、官舎の4階に住んで

いたようですが、

同じ官舎の4階に住んでいたおばさんに、

トカゲをプレゼントしようとして、

そのおばさんの家にトカゲをばら撒いて、

激怒されたという事です。

 

ひろゆき(西村博之)氏は、プレゼントしたの

にと「恩を仇で返された」と思い、

おばさんの腕に噛みついたということです。

 

普通に考えたら、トカゲを自宅にばら撒かれ

たら、プレゼントとは思わないですよね。

嫌がらせと思うのではないでしょうか?

 

プレゼントしたいということを態度で表す

とか、容器やカゴとかに入れてあげるとか

したら、おばさんの対応も違っていたのでは

ないでしょうか?

 

自宅で放し飼いをしていたということなの

で、ばら撒くことが悪いことではないと

思ったのでしょう。

 

トカゲ事件から分かることは、変わった子供

だったということですね。

 

いじめ問題を擁護する理由は?

 

ひろゆき氏やりんたろー氏が

小山田圭吾氏を擁護する理由として考えられ

ることは、本人たちもいじめた過去があるの

ではないかということですね。

 

もしかするとひろゆき氏の少年時代のトカゲ

事件も関係するのかも知れないですね。

ずっと引きずりたくない過去なのかも

知れません。

 

EXITりんたろー氏は、テレビに頻繁に

出ている人なので、東京オリンピックの

スポンサーや政権への忖度ではないかと

思いました。

 

しかし、相方兼近大樹氏は、擁護的な立場で

はないようなので、意図は分かりません。

 

りんたろー氏もいじめた過去や忘れたい過去

があるかも知れません。

また、ひろゆき氏の父親も国税局の職員だっ

たようなので、やっぱり、政権よりなの

でしょうか?

 

まとめ

 

東京オリンピック・パラリンピックが間近に

迫っている中、制作スタッフに選ばれた

小山田圭吾氏のイジメ問題が炎上し、

批判されると困るのは、菅政権であり、

オリンピックの組織委員会なんですよね。

 

ひろゆき(西村博之)氏やEXITのりんたろー氏

が小山田圭吾氏を擁護するような発言をする

と裏に菅政権や東京オリンピック組織委員会

がいるのではと疑ってしまいます。

 

擁護したはっきりした意図は、

分かりませんが、

小山田圭吾氏の障害者に対するいじめや

差別問題は、過去のことであったとしても

オリンピック・パラリンピックの制作スタッ

フにはふさわしくない人だと思います。