林一貴容疑者の生い立ちが過酷!動機は女性への執着心!(大宮・横浜・町田で犯罪歴あり)

6月17日に大宮のネットカフェ「マンボープラス」で起こった、立てこもり事件。

およそ32時間女性を拘束し、6月18日夜22時ごろ犯人の「林一貴」容疑者が逮捕されました。

ネットカフェの個室、約2畳ほどの空間に女性と二人で立てこもった「林一貴」容疑者。

調べていくうちに、この大宮の立てこもり事件の4日前には横浜で強盗事件、2018年には町田で同じく暴行・強盗事件を起こしていたこともわかっています。

被害者はいづれも若い女性。

このような犯罪を繰り返す林一貴容疑者は、どのような生い立ちなのでしょうか?
また、被害者となっているのは全て女性ということで、女性に対する強い執着心もうかがえます。

今回は、「林一貴容疑者の生い立ちが過酷!動機は女性への執着心!(大宮・横浜・町田で犯罪歴あり)」と題しまして、林一貴容疑者の生い立ちや、女性に対する執着など動機についても調査していきたいと思います!

林一貴容疑者の生い立ちが過酷!

林一貴容疑者は大宮のネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」の鍵付きの個室で女性従業員を一人拘束して立てこもり、約32時間後確保されました。

林一太容疑者は刃物を所持し、女性従業員を脅していたと思われます。

警察の問いかけに対しても、
「近づくとやるぞ!」「女と一緒に死んでやる!」
と脅したりもしていたそう。

ですが、金銭などの要求は一切なく今回の大宮に事件の動機も気になるところ。

林一貴容疑者の生い立ちですが、いろいろなことが考えられるかと思われます。

まず、対象にした被害者が女性という事から、「弱いもの」へ犯行を起こしているといえます。
そのような犯罪者の場合、生い立ちの中に「いじめ」「虐待」に合っていた可能性があると考えられるかもしれません。

今まで自分は、「様々な場面で上から押さえつけられてきた」、「いつも人から馬鹿にされてきた」、「自分が認められる場がなかった」、「自分が強くいられる場がなかった」。

など、育ってきた環境の中で「林一貴」という人物が、常に我慢をしていたり、認めてもらえなかったり、馬鹿にされた経験が多かったのかもしれません。

林一貴容疑者の動機は女性への執着心!

犯罪の対象が常に「女性」であることから、女性に対するある種の執着心があるともうかがえます。

町田で起こした事件の中には、性的暴行と金銭を盗むものがありました。
女性に対して「弱いものを強い力で押さえつける」ことに共通していることから、
*女性に自分はばかにされてきた
*女性だったら自分の立場が上になる。

このような気持ちがかなり強く出て、今回のような犯行につながったのではないかと推測できます。

大宮・横浜・町田での犯罪歴

林一貴容疑者は、今回の大宮の事件の4日前に横浜で強盗事件を起こしています。

横浜のホテルで風俗店女性の首を絞めて縄でしばり、金銭を奪ったとされています。

また2018年には、自宅近くと思われる町田で、女性に性的暴行を加え、金銭を奪っています。

https://twitter.com/na7na7iro/status/1405903047566323712?s=20

まとめ

今回は、「林一貴容疑者の生い立ちが過酷!動機は女性への執着心!(大宮・横浜・町田で犯罪歴あり)」と題しまして、林一貴容疑者の生い立ちや、女性に対する執着など動機についても調査してまいりました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!