張龍(田中龍生)の顔画像とFacebookを特定!経歴や余罪についても!【チャイニーズドラゴン】

お金

準暴力団「チャイニーズドラゴン」のメンバーで格闘家の田中龍生こと張龍容疑者が給付金詐欺の疑いで逮捕されました。

今回は、「張龍(田中龍生)の顔画像とFacebookを特定!経歴や余罪についても!【チャイニーズドラゴン】」と題しまして

*張龍(田中龍生)容疑者の顔画像とFacebook

*経歴や余罪

このテーマで調査してまいります。

張龍(田中龍生)容疑者の顔画像とFacebook

張龍容疑者は、給付金600万をだましとったとして逮捕されました。

給付金詐欺が跡をたちませんね。

国の制度がきちんとなされていないことが浮き彫りになっている気がします。

お金が本当に必要な人のもとに行かず、このように詐欺などのあくどい考えを持っている人にお金がいってしまう。

これは本当に制度の見直しが必要と言えます。

チャイニーズドラゴンの張龍容疑者(33)は去年8月、仲間と共謀して千葉県の20代男性の名義で新型コロナの影響で収入が減ったと嘘の申請をし、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。  警視庁によりますと、張容疑者は5月、大麻を所持したとして逮捕されていて、警視庁が関係先を捜索した際に他人名義の確定申告の控えなどが見つかったということです。  張容疑者は容疑を否認しています。  警視庁は、張容疑者が合わせて600万円の給付金をだまし取ったとみて調べています。(引用元:Yahooニュース)

顔画像については、こちらの映像でご確認いただけたかと思います。

Facebookについてですが、同姓同名の人が多くいらっしゃり、特定には至っておりません。

わかり次第追記していきます。

経歴や余罪

田中龍生容疑者は、2021年3月にも大麻で逮捕されています。

この時は、一部容疑を否認。
多くの少年を使って密売をしていたとか。

チャイニーズドラゴンは、中国残留孤児2世3世が集まっている不良グループで、張龍容疑者はこの中の少年たちを使って犯罪をおこなったとみられています。

取り調べを行ったのは捜査は東京・小岩警察署。

田中龍生を始め、中国残留孤児の人は国籍がわからない人が多いと言います。
日本人の振りをした残留孤児を日本にとどめておく必要があるのかと、政府の手をすり抜けて移住し続ける人々の犯罪が絶えない気がします。

まとめ

今回は、「張龍(田中龍生)の顔画像とFacebookを特定!経歴や余罪についても!【チャイニーズドラゴン】」と題しまして、給付金詐欺を働き、過去にも大麻所持の疑いで逮捕されていた張龍容疑者について調査いたしました。

早くこのような犯罪が起きない世の中になってほしいものです。