奴隷契約書の中身(雛型)を入手!29歳容疑者のFacebook特定!13歳被害者の安心材料だった?

2021年6月24日、29歳の大丸侃広(ただひろ)容疑者が逮捕されました。

容疑は児童買春容疑。

この大丸侃広(ただひろ)容疑者は、13歳の少女に対して「奴隷契約書」で無理やり契約を交わし、強引にサインさせた疑いが持たれています。

今回、この「奴隷契約書」の中身が明らかとなり、話題となっているようです。

そこで今回は、「奴隷契約書の中身(雛型)を入手!29歳容疑者のFacebook特定!13歳被害者の安心材料だった?」と題しまして、

*奴隷契約書の中身(雛型)は?

*29歳「大丸ただひろ」容疑者のFacebook特定!

*奴隷契約書は13歳被害者の安心材料だった?

このテーマでお届けしてまいります。

奴隷契約書の中身(雛型)は?

今回明らかとなったのは、大丸侃広(ただひろ)容疑者が犯行を犯す際に使っていた「奴隷契約書」です。

こちらがその内容です。

フライデーの続報により、奴隷契約書の内容について以下の雛型(定型文)の存在が確認されました。

〈1〉×奴隷として一生尽くし抜くことを誓います
〈2〉どんなプレイでも耐えてみせます
〈3〉感情を爆発させず、従順になります
〈4〉約束が守れない場合は、いかなる所へも売られることを承諾します

この契約書の雛型をもとに、大丸侃広(ただひろ)容疑者は内容を発展させておる次なるの奴隷契約書を作成したと思われます。

2021年2月に13歳の少女に名古屋のホテルで、この契約書に強引にサインをさせ、5万円支払ったとのことです。

 

29歳「大丸侃広(ただひろ)」容疑者のFacebook特定!

29歳の大丸侃広(ただひろ)容疑者のSNSはいろいろなところで調査されていますが、未だ確かな情報が特定できておりません。

情報が少ないので、大学名や勤務先などの個人情報も特定できずにいます。

ですが、大学については、「駒澤大学」なのではないかとの情報が入ってきました。

大丸侃広(ただひろ)容疑者の「侃広(ただひろ)」という名前が珍しいのでヒットしたのだと思われます。

それは、大丸侃広(ただひろ)容疑者と同姓同名の人物が「草加市の水害」について卒業論文を執筆していたのです。

大丸侃広(ただひろ)容疑者の自宅住まいは「草加市」と言われています。

逮捕時の報道でも、自宅住所が草加市と報じられているので、もしかしたら勤務先の会社も市内にあるのかもしれません。

奴隷契約書は13歳被害者の安心材料だった?

このように人の心を操る「奴隷契約書」。

13歳の少女の「お金」という欲望を操るために作成されたものですが、一方でこの奴隷契約書によって少女があんしんしていたのでは?という見解もあるそうです。

お金がほしくて困っている少女にとって、契約書にサインをすれば、ある意味かならずお金がてにはいるからです。

このような人間の要望を利用し、自分の欲を満たすという考えをもっている大丸侃広(ただひろ)容疑者は、欲望心理を操ったサイコパスといえるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、「奴隷契約書の中身(雛型)を入手!29歳容疑者のFacebook特定!13歳被害者の安心材料だった?」と題しまして、奴隷契約書の中身についてお伝えしてまいりました。

現在の人間の不安や苦しみを取り除いてあげると言わんばかりにそれを利用した犯罪。

今後もこのような人間の弱みにつけこむ犯罪が増えないことを願いたいです。

今回はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!