古川剛の妻はラジオ局(J-WAVE)勤務!嫁のFacebookを特定!子供の顔画像も!

京都市伏見区羽束町菱川町のラブホテル「HOTEL ALFA」で、ボーガンによって陶芸家の「古川剛(37)」さんが殺害された事件。

古川剛さんの頭には矢が何本も刺さっていたと言います。

犯人は「佐藤千晴(31)」容疑者。
古川剛さんの陶芸の弟子であり、不倫関係にあった人物です。

調査していくうちに佐藤千晴容疑者は古川剛さんのゴースト作家であることがわかりました。

<ゴースト作家についての記事はこちら>

佐藤千晴容疑者は古川剛のゴースト作家で弟子!愛と陶芸のもつれの結末!【京都芸術高等学校】

更に調査を進めていくうちに、古川剛さんの妻について詳しくわかってきました。
今回の事件で殺害をしてしまった佐藤千晴容疑者はもちろん処罰されなければいけませんが、この事件を招いたのは「古川剛」。

佐藤千晴容疑者を自分の作品のためにゴーストとして利用し、自分の快楽のために不倫相手として利用していた古川剛。

この古川剛が妻や子供の前で見せる顔はどのようだったのでしょうか?

今回は、「古川剛の妻はラジオ局(J-WAVE)勤務!嫁のFacebookを特定!子供の顔画像も!」と題しまして、

*古川剛の妻はラジオ局(J-WAVE)勤務!

*古川剛の嫁のFacebookを特定!

*古川剛の子供の顔画像も!

この点について調査してまいります。

古川剛の妻はラジオ局(J-WAVE)勤務!Facebookを特定!

<古川剛さんと佐藤千晴容疑者の関係についてはこちら!>

佐藤千晴容疑者は古川剛のゴースト作家で弟子!愛と陶芸のもつれの結末!【京都芸術高等学校】

古川剛さんは佐藤千晴容疑者によってボーガンで殺害されました。

古川剛さんは天目陶芸作家として、京焼、清水焼の陶芸作家として30代初めから活躍されてて、コンクールなどで賞を受賞したり、若手ながら個展を開くなどの実力の持ち主。

ルックスもイケメンとのことで、話題性があり、どんどん人気が出ていったと言います。

古川剛さんの奥様は「古川優佳」さんという名前だそう。

勤務先がラジオ局「J-WAVE 813FM」と記載がありました。
アイコンの写真は子供の写真になっているようです。

古川優佳さんは写真が趣味とのことで、Facebook上にたくさんの写真を載せていらっしゃいました。

その中には結婚式の写真や、子供と一緒の写真などがたくさんあり、かなりプライベートを載せていますが、古川剛さんの写真は、結婚式以来載せていないのです。

これは決してしまったのか、夫婦間の亀裂が結婚と同時に、あるいはその前からあったのか・・。

古川優佳さんのFacebookは特定できたのですが、一般の方ということで、リンクは控えさせていただきます。

投稿内容を記載いたします。

<2015年6月30日の投稿>
【寿】
5月31日京都にて結婚しました。
旦那さんは実家が伝統産業である京焼・清水焼の蔵元の方で陶芸家さんです。
両親や親せき、お越しいただく方に感謝を込めて
「京都らしく楽しいおもてなしをしたい」と思い、
平安神宮で挙式した後、清水寺のちかくにある竹内栖鳳の邸宅で小宴を行いました
旦那さん手作りの盃を使い皆で乾杯しとても幸せな日の始まりとなりました。
会場などの関係でちゃんとご招待できず、あらためてちゃんとご報告させていただきたい方がたくさんいます!
京都に暮らしていきますので、京都にお越しの際はぜひお声がけください!
またこれからは旦那さんの仕事のサポートをしていきます。

と投稿しています。

この2015年5月31日には少なくとも、幸せな結婚をしていたのですね。

また旦那さんの仕事のサポートをしていくと書いてありますので、結婚後はラジオ局「J-WAVE」での仕事は退職されたと思われます。

古川剛さんと古川優佳さんの出会いは、ラジオの取材だったと言います。
もともと焼き物が好きだった奥様が、ラジオの取材で古川剛さんと出会い、取材で全国をまわったり、自分でも作品を作ったりしていたようです。

奥様は自分の仕事もやめ、古川剛さんのサポートに回ったようですが、古川剛さんにはその姿がうっとうしくおもえたのでしょうか?

仕事に邪魔だからと結婚指輪もつけず、陶芸に関しての知識があまりないお嫁さんには、細かいことは話していなかったように思います。

自分の自由に行動をしたい、作品に創造性をもたせたいと、ラジオ局の仕事を辞めた奥様を邪魔に感じてしまったのかもしれません。

古川剛の子供の顔画像も!

古川剛さんには現在5歳になる娘さんがいるようです。
2016年5月6日の投稿にお宮参りに行った際の写真が投稿されていました。

奥さんのFacebookにはたくさんの写真が載っています。
ですが、古川剛さんと子供の写真がありませんでした。

夫婦関係が破綻してしまってから、削除してしまったのでしょうか?

子供が生まれる時には、優佳さんとの関係はすでに破綻していたのでしょうか?

古川剛の実家は竹峰窯

古川剛さんの実家は京都市東山区今熊野区日吉町にある「昭和製陶有限会社 竹峰窯」。

〒605-0925 京都市東山区今熊野日吉町19-2

 

産まれからにして、なるべくしてなった陶芸家なのですね。

「イケメン」「サラブレット」この2つだけでもモテるのがわかりますよね。

古川剛さんの作品は個展などでも何度も出典しているようですが、販売もしているそう。
天目茶盌が特に有名ですが、その値段は、110000円で販売されているものもあるようです。

このような事件があり、今後さらに価格が上がっていきそうですよね。

まとめ

今回は、「古川剛の妻はラジオ局(J-WAVE)勤務!嫁のFacebookを特定!子供の顔画像も!」と題しまして、京都のラブホテルでボウガンにより殺害された古川剛さんの妻の元勤務先を特定しました。

ラジオ局「J-WAVE」で働いていた奥様は、古川剛さんとの結婚により退職。

その後、古川剛さんのサポートをしながら子育てもし、頑張っていたことと思います。

にも拘わらず、旦那である古川剛さんに不倫され、気の毒でしかありません。

佐藤千晴容疑者の殺害により、旦那である古川剛さんは亡くなってしまいましたが、このことが奥様にとって新たな人生を歩むことができるきっかけになったのかもしれません。

今回はこの辺で。
最後までごらんいただき、ありがとうございました。