梅沢洋の母親の謝罪全文!酒が弱くて反抗期なし・真面目な息子が犯罪者に!【千葉八街飲酒事故】

6月28日、千葉県八街市で、下校途中の小学生の列にトラックが突っ込み5人が死傷した事件。

小学生の男の子2人が死亡し、一人が意識不明の重体、二人が重傷を負うというとても痛ましいショッキングな事件が起きました。

トラックを運転していたのは「梅沢洋」容疑者(60)。

運送会社「南武」の社員です。

梅沢洋容疑者はなんと、この事故を起こす数時間前に飲酒をしていたとのこと。
事件直後の検査で基準値を超えるアルコールが検出されています。

この事件に対し、梅澤洋容疑者の母親は謝罪のコメントを出しています。

今回は、「梅沢洋の母親の謝罪全文!酒が弱くて反抗期なし・真面目な息子が犯罪者に!【千葉八街飲酒事故】」と題しまして、

*梅澤洋容疑者母親の謝罪文

*梅澤洋容疑者の家族(嫁と息子)について

*梅澤洋容疑者の実家は商店・薬局

この点について調査してみたいと思います。

梅澤洋容疑者母親の謝罪文

梅沢洋容疑者は現在60歳。

両親は健在ですが、父親は88歳、母親は85歳という年齢だそうです。

家宅捜索に入られ、自宅を取材され、80を過ぎた両親がインタビューを受けている様子を見た方も多いはず。

息子の飲酒運転により幼い命を奪ってしまったことに、どう謝罪していいのかわからないといったものの言い方で取材に応じていました。

以下、母親の謝罪文です。

「息子がこんな、とんでもないことをしてしまって、本当に申し訳ありません。亡くなった子どもさんや、その親御さんに、どう言って謝ったらいいのか……」
「私にも子どもがいますから、そのかわいい子どもを失ったらと考えると、もうたまらなくて……。世間のみなさんにも、顔向けができないですよ」
「時間が経って落ち着いてきたら“息子を死刑にでもなんでもしてくれ” “殺してください”という気持ちになっています。こんな酷い事故を起こしたんだから……」
「とはいえ、私にとってはかわいい息子ですから、できれば代わってあげたいという気持ちも……。代わりに老いた私と主人の命を奪ってもらったらとも思います」
「私の家族には今、車を運転できる人間がいないんです。私は運転免許を返上してしまったし、主人は今回の事故を聞いて腰を抜かしてしまって、動けなくなってしまった。(息子の)嫁も体調が悪いし、孫は仕事が忙しいみたいだし。被害にあわれた子どもたちのお宅に行って謝ることも、息子の面会にも行けない状態。だからもう、何をどうしたらいいのか、まったくわからなくて……」
「親バカでしょうけど、反抗期もなくて、親の言うことに絶対にNOは言わない、素直な子でした。息子は運動が得意ではなかったので、高校では吹奏楽部でトランペットをやっていました」
「うちは当時、雑貨店のほかガソリンスタンドを経営していて、息子はそこで働いていました。ですが、16年前に経営が悪化して借金を抱えることに……。困っているときに、ガソリンスタンドのお得意さんだったのが、息子の今の勤務先です。“じゃあ、うちへ来ないか”って助けてくれたんです」
「家ではほとんど飲まないんですけどねぇ……。息子はお酒に弱いし。勤務時間は朝6時から昼間の3時ぐらいまで。昼ご飯のときにはもう仕事終わりなので、ついつい飲んでしまったんでしょうか……」

88歳にもなって自分の息子がこんな事故を起こし、犯罪者になってしまうとは思いもしなかったでしょう。

飲酒運転をしたこと、幼い命を2つもうばってしまったこと、どんなに謝ってもゆるされることではありません。

梅沢洋容疑者は、酒が弱くて反抗期なしな真面目男?

母親の話では、梅沢洋容疑者は、いわゆるアルコール依存症というわけではなかったそうです。

母親と父親の話では、「酒は飲むけど、弱い」ということ。

大人として男として少し飲む程度だというのです。

これに関しては、梅沢洋容疑者を昔から知る人物や、同僚の話とはかなり異なります。

梅沢洋容疑者の母親、父親以外の人物からは、
「かなり酒を飲む人」
「いつも酒の瓶や缶が車の中に転がっている」
「いつも飲みながらトラックを運転している」
との声が多く聞かれます。

母親や父親は梅澤洋容疑者という人物をよくわかっていないように感じますね。

また母親の「昼ご飯のときにはもう仕事終わりなので、ついつい飲んでしまったんでしょうか」というコメントにも疑問が残ります。

仕事終わりでついつい飲んでしまうことが有り得るというのでしょうか。
このような認識だから、今回のような痛ましい事故がおきるというのに、、、、

母親のコメントの中に、
「反抗期がなくて、いつも真面目で親の言う事にNOとは言わない子だった」
とあります。

このコメントを聞いていると、梅沢洋容疑者は、母親には自分の本当の姿を見せていなかったようにおもいますね。

働いていた運送会社「南武」では16年の勤続。
まあまあ長い勤続年数ですので、勤務態度はある程度真面目だったのかもしれません。

ですが、飲酒運転と殺傷事故という法律違反と許されない行為をしてしまっているので、勤務態度が真面目とは考えにくいですね。

梅澤洋容疑者の家族(嫁と息子)について

梅沢洋容疑者には家族がいるのかという点については、いろいろな方が憶測で言っていますが、母親のコメントから、嫁と息子がいることがわかりました。

「嫁は体が弱く息子は仕事が忙しい」とのこと。

梅沢洋容疑者は60歳ですので、息子は30歳から40歳といったところでしょうか?

自分の親がこのような事件を起こしてしまったとは、恥ずかしくて申し訳なくて世間に顔向けできないですよね。

梅沢洋容疑者の嫁と息子は一緒には住んでいないとのこと。
噂では、梅沢洋容疑者の酒癖の悪さが原因で離婚したと言われていますが、これは確かではありません。

梅澤洋容疑者の実家は商店・薬局

梅沢洋容疑者の実家は、昔雑貨屋とガソリンスタンドを営んでいたと言います。

経営負担となり、現在は町の商店「梅沢薬局」という名前だそう。

母親の話で、ガソリンスタンでおに来ていたお客さんの紹介で今の「南武」に就職したと言っていますね。

 

まとめ

今回は、「梅沢洋の母親の謝罪全文!酒が弱くて反抗期なし・真面目な息子が犯罪者に!【千葉八街飲酒事故】」と題しまして、梅沢洋の母親の謝罪文全文と、梅沢容疑者という人物について、調査してまいりました。

亡くなった子供たちの命は、いくら誤っても戻ってきません。

改めて、ご冥福をお祈りいたします

今回はこの辺で失礼いたします。