郡山侑紗(ゆさ)容疑者の犯行の動機は生い立ちや両親の関わりに関係あり?

郡山侑紗容疑者の犯行動機は、生い立ちや両親に関係がある可能性が高い?

未就学の男児にわいせつな行為をしたとして、

大阪市住吉区山之内2丁目の無職、

郡山侑紗(ゆさ)容疑者が、

強制わいせつの疑いで逮捕されました。

郡山侑紗(ゆさ)容疑者は、

2020年10月〜2021年4月、

自宅で知人の20代女性の息子の未就学の男児に、

自身の下半身を触らせるなどのわいせつな行為をした疑いがあります。

また、2021年4月には、

この未就学の男児をなぐて蹴って軽いケガを負わせたとしても逮捕されています。

本当に信じられない事件ですが、

ニュースサイトに気になるコメントがありました。

いわゆるショタコン(未成熟な少年に愛情・執着を抱く少年愛好家)。男女を問わず潜在する。軽視されてきた男児の性被害へのアナウンスが必要。
引用:Yahoo!ニュースコメント欄

このコメントを参考にし、本記事で調査したことです。

  1. 郡山侑紗容疑者の犯行の動機とは?

  2. 郡山侑紗容疑者の犯行の動機は生い立ちや両親に関係がある?

それでは本題に入りましょう。

郡山侑紗容疑者の犯行の動機とは?

以前にあった歪んだママ友関係みたいな事件。被害者の母親は他人への依存症。加害者は重度のショタコン。これは初犯じゃないな。性癖は多分以前からあったはず。子供目当てで近づいてきたなら怖い話だ。引用:Yahoo!ニュース

女版ロリコンをショタコンと言うらしいが、自分の息子が性的なイタズラされてるのに正しいと思ってた!って……母親の資格無し。引用:Yahoo!ニュース

郡山侑紗容疑者の犯行の動機で、

可能性が高いと考えられることは、

郡山侑紗容疑者自身が、小児性愛(ショタコン)という、精神や行動の障害を、持っていたという可能性も高いと思われます。

小児性愛である可能性が高いと想定する根拠は以下の通りです。

診断基準では、最低6ヶ月にわたり、子供への性行為に関する空想、性的衝動、または行動が反復することが要件になっています。引用:ハートクリニック

郡山侑紗容疑者が犯行に及んだのは、

2020年10月から2002年4月で、

約6〜7ヶ月の間になります。

この期間、犯行に及んだということで、

診断基準に該当すると思われるからです。

また、小児性愛の診断基準としては、

ハートクリニックの記事を参考にしますと、

  1. 少なくとも6ヶ月にわたり、通常13歳以下との性行為に関する強烈な性的興奮する空想、性的衝動、行動が反復するということ。
  2. これらの性的衝動を実行に移したことがあり、対人関係上の困難を引き起こしているということ。
  3. その人は少なくとも16歳で、該当する子供より少なくとも5歳は年長であるということ。

この3点についても、全て該当するのではないかと思われ、

郡山侑紗容疑者の犯行の動機は、小児性愛であった可能性は高いのではと判断いたしました。

ただ確証ではありません。

郡山侑紗容疑者と知人の20代の女性間に何か事情があり、恨みがあったのかもしれません。

郡山侑紗容疑者は3人の子供の母親であるにはかかわらず、夫についての報道がなく、夫とうまくいっていなかったストレスによるものかもしれません。

考えられる動機は数知れずですが、

かなり特異で一般的な大人の行動としては考えにくく、小児性愛という精神の行動に異常がある精神疾患を持っている可能性を追求してみました。

今回の事件の内容は、赤堀恵美子容疑者が主犯の、福岡5歳餓死事件に似ているという声もありましたね。

郡山侑紗容疑者の犯行動機は、生い立ちや両親に関係がある?

郡山侑紗容疑者の犯行動機である可能性の高い、小児性愛の環境要因として、自分が子供の時に性的虐待を受けたと報告することもあるようです。

気質要因としては、小児性愛と反社会性は相互作用があり、子供への性的な関わりを行いやすい傾向にあるのだとか。

郡山侑紗容疑者の生い立ちや幼少期や両親に関しては、現在残念ながら公開されていません。

想像になりますが、郡山侑紗容疑者は、幼少期に、郡山侑紗容疑者の両親からの辛い経験や体験があったのではないかと想像しました。

犯行動機は、ご本人の口から聞いてみないとわかりませんが、現在のところ、容疑を否認しているようですね。

今後の警察の調査にも注目してゆきたいと思います。

郡山侑紗容疑者の犯行動機は、精神や行動の障害を持っていた可能性が高い。

郡山侑紗容疑者の犯行動機は、小児性愛(ショタコン)を持ち合わせていた可能性もあり、その根拠と共に追求してまとめました。

また、小児性愛になった要因は、

郡山侑紗容疑者の生い立ちや両親との関わりがわかると、

より的確な診断ができると思います。

まだ不明なことが多すぎますが、

今後の新情報を待つことにしましょう。

随時追記してゆきます。

本日の記事はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。