★【東京五輪】聖火リレー最終ランナーは誰か判明?候補者はイチロー池江璃花子?大本命を詳しく!

【東京五輪】聖火リレー最終ランナーは誰か判明?候補者はイチロー池江璃花子?大本命を詳しく!というタイトルでお伝えしたいと思います。

 

世紀の祭典【東京五輪】が間もなく開幕ですね!

 

【東京五輪】で最も人気が高い場面といわれているのが、開会式になります。

 

開会式の中でも最も注目されているのが、聖火台に聖火を灯す最終ランナーは誰になるのかですね。

 

聖火リレーの最終ランナーは誰になったのか、すでに判明しているのでしょうか。

 

ランナーの候補者は900人以上もいたようです。

 

その中には、イチローさんや池江璃花子さんも候補者として名前があがっていたといわれていますね。

 

最終ランナーの大本命は誰なのか調べてみました。

 

 

 

【東京五輪】聖火最終ランナーは誰か判明?

 

【東京五輪】聖火最終ランナーは誰か判明?ということで調査してみました!

 

【東京五輪】の聖火は、ギリシャのオリンピアから採火されたものが、日本に届けられたものになります。

 

コロナ感染のために、オリンピアの開催は1年おくれましたが予定通り聖火リレーははじまりました。

 

聖火は東日本大震災からの「復興の火」ともされていました。

 

3月25日、聖火リレーのスタートは、東日本大震災の被災地だった福島県のJヴィレッジからでした。

 

なでしこジャパンのメンバーが聖火を持ってスタートしましたね。

 

その後は、47都道府県を約1万人の人々でリレーをしながら聖火を運んできました。

 

そして、日本中を巡回していた聖火の最終ゴールは7月23日、東京都の国立競技場に設置された聖火台になります。

 

いったい誰が最終ランナーをつとめることになったのでしょうか。

 

聖火台に火を灯すのは誰なのか知りたいところです。

 

聖火リレーの最終ランナーについては、まだ誰かは発表されていません。

 

7月23日の午後8時頃に判明する予定となっています。

 

最終ランナーについては直前までトップシークレットとされるのが、どのオリンピアでも恒例だったようですね。

 

 

聖火リレー最終ランナー候補者はイチローか池江璃花子?

 

【東京五輪】の聖火リレー最終ランナーの候補者はイチローか池江璃花子?という声もありますね。

 

おふたりとも最終ランナーにふさわしい実績の持ち主ですよね。

 

どちらが選ばれてもおかしくないです。

 

当日までわからない【東京五輪】最終ランナーですが、候補者選びはだいぶ前からはじまっていたそうです。

 

主にアスリートとして活躍をしてきた方を中心に、最終ランナーの候補者は、900人以上名前があがっていたそうです。

 

そこで参考までに、週刊女性セブンでおこなわれた「聖火リレー最終ランナーにふさわしい人」を参考にしたいと思います。

 

1位、イチロー

2位、高橋尚子

3位、吉田沙保里

4位、羽生結弦

5位、長嶋茂雄

6位、北島康介

7位、ビートたけし

8位、王貞治

9位、桐生祥秀

10位、大阪なおみ

(以上、敬称略)

 

やはり世界を舞台に活躍してきたアスリートの名前があがっていますね。

 

そのほかの聖火リレーなぜか、7位でビートたけしさんが健闘されています。

 

アスリートではありませんが映画作品が世界的に知られている著名人で、23年前の東京オリンピックの知っている方にもなります。

 

マラソンの金メダリストの高橋尚子さんは、残念ながら五輪組織員会の関係者となっているので走ることはなさそうです。

 

また桐生祥秀さんと大阪なおみさんは出場選手なので可能性は低そうですね。

 

そのほか最終ランナー候補者には、池江璃花子さんや松井秀喜さんの名前もあがっていたうそうですね。

 

池江璃花子さんも出場選手なので、最終ランナーのとなるのはむずかしいかもしれませんね。

 

いったい、最終ランナーは誰になるのか、わかり次第追記していきたいと思います。

 

 

聖火リレー最終ランナー大本命を詳しく!

 

大本命を詳しく!についてとても気になりますね。

 

【東京五輪】聖火リレー最終ランナーの候補者には、多くの方の名前があがっていたことがわかりました。

 

では、大本命の聖火リレー最終ランナーは、いったい誰なのでしょうか。

 

1964年におこなわれた前回の東京オリンピックで、聖火リレー最終ランナーをつとめられたのは、坂井義則さんという陸上選手でした。

 

坂井義則さんは、1945年8月6日、広島に原爆投下されてから1時間半後に生まれた方でもありました。

 

過去の経緯からも、今回の【東京五輪】聖火リレー最終ランナーは、東日本大震災の被災地や復興に関係があった一般人やアスリートから選ばれることもあるかもしれません。

 

もしかしたら、大本命は一般人という可能性もありそうですね。

 

 

ネットの声

 

【東京五輪】聖火リレー最終ランナーは誰か判明?候補者はイチロー池江璃花子?大本命を詳しく!についてのネットの声を見てみましょう!

 

まとめ

 

【東京五輪】聖火リレー最終ランナーは誰か判明?候補者はイチロー池江璃花子?大本命を詳しく!という内容でお伝えしました。

 

聖火リレー最終ランナーは誰になるのかわかりませんが、おそらく期待を裏切らないすばらし方を選んでいると思います。

 

【東京五輪】の開会式当日、聖火台に火が灯る瞬間を楽しみにしたいと思います。