★【画像有】UFO?未確認飛行物体?沖縄で目撃多数!不思議な動く光の正体は?

 

沖縄の各地で7月9日の21時ごろ、

夜空に不思議な動く光が目撃され、

UFOではないかと騒がれていました。

 

場所は、沖縄北部の辺戸岬、浜比嘉島、

恩納村、南は佐敷、奥武島、離島だと西表島

など沖縄県内各地で見たとのツイートで

話題になっていました。

 

Twitterでは、綺麗な光が下から上に登って

いく画像や動画がUPされていて、

まさに未確認飛行物体、UFOのようでした

ね!

 

未確認飛行物体、UFOといえば、

米国防総省が『UFO報告書』を

公開したばかりですよね。

 

さて、今回の不思議な動く光の現象の正体は

何なのでしょうか?

今、話題のUFOなのでしょうか?

 

気になるので調べて見ました!

 

沖縄各地での目撃情報

 

https://twitter.com/Ponamu1211/status/1413473422332489730?s=20

 

沖縄最北端の「辺戸岬(へどみさき)」での

目撃情報ですね。

ものすごいスピードで上昇していったよう

です。

 

 

沖縄本島南部にある島「奥武島(おうじま)」

での目撃情報です。

釣りしている場所で目撃、5秒くらいで

消えたようです。

 

 

 

沖縄本島南部の南城市でしょうか?

不思議な光が動いていますね。

この不思議な動きは、飛行機や、

ヘリコプター、ロケットの動きではないです

 

やっぱり、未確認飛行物体UFO?って思って

しまいますね〜。

 

 

沖縄県の離島西表島で撮影されたもの

のようです。

 

 

中国のロケット?

 

 

2021年7月9日19時59分(北京時間)中国の

大元衛星打ち上げセンターから人工衛星を

打ち上げたようですね。

沖縄各地で目撃されたのは、日本時間21時、

中国の人工衛星が打ち上げられたのが、

20時頃になります。

日本との時差は1時間なので、

ぴったり一致します。

中国の人工衛星のトワイライト現象の可能性

が大きいですね。

 

 

トワイライト現象?

 

 

トワイライト現象とは、打ち上げられた

ロケットが大気圏を離れる際に起きる現象

です。

つまり、ロケットから噴出された粒子が、

太陽光が差す領域に差し掛かった時、

太陽光に照らされて様々な色に輝く現象の

ことです。

 

トワイライト現象は、明るさに弱く、暗闇で

は見えないようです。

 

米国防総省『UFO報告書』

 

米国防総省と米国家安全保障当局は、

6月25日米軍パイロットが、2004年11月から

2021年3月の間、「説明できない物体」

未確認飛行物体(UFO)に遭遇した144件の

事例を調査した報告書を公開しています。

 

海軍のパイロットをはじめとする多くの軍人

が、以前から謎めいた飛行物体を目撃したと

言われています。

 

米情報機関では、UFOという言葉は使わず、

新たな名称として、『未確認空中現象』と

名称変更するとされています。

 

まとめ

 

不思議な光、綺麗でしたね〜!

UFO(未確認飛行物体)では?と言われている

不思議な光の正体は、時間的に考えても

中国が打ち上げた人工衛星の可能性が

大きいようです!

 

しかし、下から上に上昇していく光は

ともかく、左右、上下、動きがバラバラな

光も撮影されていて、一概に人工衛星だとも

言い切れないですよね。

 

また、米国防総省のUFO(未確認飛行物体)の

報告書の公開もあるので、UFO可能性も

少しはあるのではないでしょうか?

そうであれば、一度は見てみたいと

思いました。

もう一度、沖縄の夜空に現れてほしいですね!