クマ出没の次に現れた札幌市の全裸男は何者?目撃場所は北区のどこ?刃物男も登場し混乱!

2021年6月18日、東区にクマが出没してけが人が出たことで騒動となった札幌市に、

今度は「全裸男」の目撃情報が報告され話題になっています。

また、その後に「刃物男」まで現れたとの情報も!

ようやくクマが捕獲されてホッとしたのも束の間の騒ぎにネットは騒然。

いったい全裸男と刃物男とは何者なのでしょうか。

札幌市のクマ騒動とは?

2021年6月18日朝早く、札幌市東区の市街地にクマが出没し、4人が襲われるなどしてけがをしました。

18日午前3時半ごろ、札幌市東区北31条東19丁目の路上で、「クマが南の方向に走っていた」と近くの住民から警察に通報があり、午前6時までにクマを目撃したという通報が合わせて4件相次いだそう。

目撃されたクマは体長が1メートル50センチほど。

現場はいずれも札幌市営地下鉄「東豊線」の沿線近くで、札幌イオン元町店などが近く、住宅や商業施設が建ち並ぶ市街地とのこと。

多くの人が集まる市街地だけに、かなり危険ですね。

お腹をすかせて町まで降りてきてしまったのでしょうか。

騒動を受けて、東区にある小学校4校と北区にある中学校1校が臨時休校の措置をとりました。

クマは午前11時すぎ、清掃事務所の近くの茂みにいるところを、猟友会のハンターに駆除されたということです。

全裸男の目撃場所は札幌市北区!

全裸男が徘徊しているとの目撃情報があったのは、クマ出没で騒動中の18日の朝8時頃のこと。

ツイッターの報告によると「札幌市 北区北20条西2丁目1-21」の地点でした。

札幌市立幌小学校の付近で、近くにセブンイレブンがあるそうです。

住宅街の中を、マスクをして、下半身を抑えて歩いている様子が撮影されています。

見たところ50代~60代くらいのやせ型の男性、と言ったところでしょうか。

コンビニまで買い出しに出かけていた様には見えないですね…。

全裸男は何者?どうなった?

まだ全裸男が何者かはわかっていません。

全裸ではありながらマスクはしていたそうなので、感染対策には気を遣っていたようです。

熊もすぐに捕獲されましたが、全裸男もその後すぐに東区の路上で逮捕されたようです。

パトカーが複数台駆けつけたという情報がありました。

北区から東区まで全裸のまま移動したということでしょうか。

なお、16日の18時頃に白石区でも下半身を露出した男性が捕まっていますが、同じ人物かどうかは分かりません。

さらに刃物男まで登場!?

札幌市では白石区に刃物男まで出現しました。

18日午前11時10分頃、白石区本郷通13丁目南で刃物を持った男が目撃されたと通報があったそう。

男の特徴は、黒色シャツで帽子をかぶり、眼鏡、白色マスク着用、黄色リュックサックの50代。

その後の報道で、午後には警察官に捕まったことがわかりました。

なお、白石区では同月8日未明にも、コンビニエンスストアで刃渡り6センチを超える包丁を床に放り投げたとして40歳の男が逮捕されています。

ちなみに各区の位置関係はこのようになっています。

東区、北区、白石区は隣接しているんですね。

Twitterの反応は?ゴールデンカムイとの声も

同日の午前中に札幌市に立て続けに三件もの騒動が起きたことで、Twitterなどでは「カオスすぎる」「試される北の大地の民」などと話題になっています。

クマと男の組み合わせにゴールデンカムイを連想する人も多かったようです。

奇しくも6月18日はゴールデンカムイ最新第26巻の発売日。

クマ騒動なのか、全裸男なのか、純粋に発売日のおかげかはわかりませんが、ゴールデンカムイもツイッターのトレンド入りを果たしました。

それにしても今日の札幌市は朝から物騒なニュースが多くて落ち着かないですね。

これ以上大ごとにならないことを祈ります。

 

クマの恐ろしさも分かるゴールデンカムイの最新刊26巻はこちら。

(書籍版)

(電子版)