上横手千文(うわよこて)「医師免許偽造」の顔画像とFacebook特定!動機は?問診できた理由も!

6月23日午後一時過ぎに、神戸市で一人の女が逮捕されました。

逮捕されたのは、医師免許を持っていないにも関わらず、複数の企業で健康診断の問診などを行った58歳の女。

医師法違反の疑いで逮捕が確定した神戸市垂水区の大阪医療専門学校講師の「上横手千文」(うわよこて)容疑者(58)です。

上横手千文容疑者は、去年10月から医師免許を持っていないのにもかかわらず、300人以上の健康診断の問診を行ったとのこと。

いったいどうしてそのようなことをしようと思ったのか、またどうしてそんなことができたのか、

今回は、「上横手千文(うわよこて)「医師免許偽造」の顔画像とFacebook特定!動機は?問診できた理由についても!」と題しまして、上横手千文容疑者の顔画像やFacebook、今回の違反行為の動機や、なぜ問診できたのかという理由について調査していきます!

上横手千文(うわよこて)「医師免許偽造」の顔画像は?

上横手千文容疑者は、去年10月から約8か月間にわたり、偽造した医師免許をもち、300人以上の人の健康診断をしていたそうです。

以前の上横手千文容疑者の仕事は、大阪医療専門学校の教官。
1月まで「作業療法士」を養成する学科で共感として働いていました。

医療専門学校の教官をやめ、このようなあくどいことをする上横手千文容疑者の顔はどんな顔なのか気になりますよね!

上横手千文容疑者の顔画像については、ニュースではマスク姿が出ていましたが、ネット上では現在調査中です。

 

上横手千文容疑者の医療法違反のニュースの概要です。

上横手容疑者は医療関係者の知人に「自分は医者です」と偽って医療法人を紹介してもらっていたということです。
逮捕前に記者が直接会い、「お医者さんとして働かれていましたか?」と聞いた時には、上横手容疑者は答えることはありませんでした。
上横手容疑者を紹介された病院が医師登録を調べたところ不正が発覚し、病院に提出された医師免許証のコピーは偽造の疑いが強いということです。上横手容疑者は調べに対し、「医師免許なしで医療行為をしてはいけないことは分かっていた」と容疑を認めていて、警察が経緯を調べています。(引用元:Yahooニュース)

 

医師免許偽造の動機は?

上横手千文容疑者は、大阪にある「大阪医療専門学校」で教官をしていました。

教官をするということは、ある程度知識はあるということですよね。
医療専門学校の講師は、医師免許がなくてもできるのでしょうか?

今回の行為を起こしてしまった動機はなんでしょうか?

医療行為をしなければ、知識を確認する試験に合格すれば講師として働けるのでしょうか?

いずれにしても、医師免許はないのですから、医療行為をすることは法律上違反。
それは、わかっているはずなのに、医療行為を8か月間もの間してしまった動機は何なのかとても気になります。

おそらく、講師として働いているうちに、自分も知識はあるんだし、医師として医療行為をしてみたいと思うようになったにちがいありません。

今回は健康診断の問診をおこなっていたと報道されていますので、健康診断の問診をおこなうだけだったら、手術など難しいこともないし、お小遣い稼ぎにおこなっていたのでしょう。

医師は、バイトとして一日勤務するだけで10万円ほどはもらえると言われています。

講師として毎日地道に働くよりも、1日10万円もらえる偽医師として健康診断の問診をおこなう仕事のほうがオイシイと思ったのかもしれませんね。

それにしても、「私は医師です」という言葉のみで医師と信じてもらえるなんて、怖いですよね。

自分が今まで健康診断を受けてきた医師が、偽物かもしれないなんて、考えただけでも恐ろしくなります。

問診できた理由

それでは、医師免許がない上横手千文容疑者がなぜ300人も健康診断を診ることができたのか。

それは、医師免許のを偽造していたからです。

医師免許証をコピーし、偽造したものをつかって、周囲には「医師」だと言っていたといいます。

知人の女性に大阪市内の会社を紹介してもらい、そこでの健康診断を請け負っていたとのこと。

大した度胸ですよね!

 

まとめ

今回は、「上横手千文(うわよこて)「医師免許偽造」の顔画像とFacebook特定!動機は?問診できた理由についても!」と題しまして、上横手千文容疑者の顔画像やFacebook、今回の違反行為の動機や、なぜ問診できたのかという理由について調査してまいりました。

58歳という年齢にして医師免許偽造、医師法違反。
医療専門学校の教官として1月まで働いていたにも関わらず、悪質な行為をしてしまった罪は大きいと思います。

今回はこの辺で失礼いたします。