【顔画像】松原愛華容疑者のFacebookを特定!監禁したクローゼットの広さは?生い立ちについても!

北海道札幌市北区で、悲しい事件が起こってしまいました。

2歳の男の子を監禁したとして、「松原愛華」容疑者が逮捕。
長男の莉蒼(れいあ)ちゃんは、23日午前に死亡が確認されました。

このような痛ましい事件がなぜ起こってしまったのか。

松原愛華容疑者のインスタやFacebookなどSNSでの情報も気になります!

また、松原愛華容疑者の中学高校についても調査しました。

今回は、「【顔画像】松原愛華容疑者のインスタ・Facebookを特定!監禁したクローゼットの広さは?生い立ちについても!」と題しまして、松原愛華容疑者の生い立ちを追うと共にフェイスブックやインスタの特定や、監禁した際のクローゼットの広さ、監禁時の状況についても調査してまいります。

今回Facebookの特定に至りました!!

息子の莉蒼(れいあ)ちゃんと思われる画像も映っています。写真を見ると、本当に心が痛みます。

<追記6/24>

逮捕された松原愛華容疑者は、18歳で出産。未成年ということで、「特定妊婦」として児童相談所も松原愛華容疑者のことを把握していたそうです。

愛華容疑者が未成年で出産したことなどから、以前の居住自治体は児童福祉法で定める「特定妊婦」と判断し、出産後まで継続支援が必要としていた。(引用元:毎日新聞)

【顔画像】松原愛華容疑者のインスタ・Facebookを特定!

松原愛華容疑者の情報をまとめていきたいと思います。

名前:松原愛華
年齢:20歳
住所:北海道札幌市北区
職業:無職
家族構成:本人と2歳の男の子
その他:シングルマザー

松原愛華の名前でFacebookを見てみると12件あり、そのうち出身が北海道でないものを除くと7件。

その中に「松原愛華」「札幌市出身」「一時の母」「20歳」というものがありました。

おそらくこちらのアカウントに違いありません。
小さく映っているのは息子の莉蒼(れいあ)ちゃんでしょうか?
2019年に投稿しているので、おそらく生まれて、100日のお祝いの写真のようにも思えます。

こういう写真を見ると本当に心が痛みます。

インスタに関しては、こちらは本名出なくても登録できるため、まだ特定できていません。
インスタアカウントやインスタの投稿記事などがわかり次第追記いたします。

松原愛華容疑者の中学・高校

 

松原愛華容疑者はいったいどのような学生時代を過ごしたのでしょうか?

中学や高校について調査してみました。

ですが、やはり個人情報のため特定することができませんでした。

予測としては北海道から出ていないと思いますので、北海道内の学校だと思われます。

松原愛華容疑者が監禁したクローゼットの広さは?

松原愛華容疑者は自分の2歳の息子莉蒼(れいあ)ちゃんを、自宅のクローゼットに監禁したとして逮捕され、莉蒼(れいあ)ちゃんはすぐに病院に運ばれ、6月22日に時点では一時回復したと言われていますが、6月23日の午前に死亡が確認されています。

いくら躾のためとはいえ、死亡につながるような行為はゆるされることではありません。

いったい何時間、どのくらいの広さのクローゼットに監禁していたのか。

ニュースによりますと、22日午後1時20分からおよそ30分間の間監禁したと言われています。

状況にもよりますが、本当に30分だったのか疑問が残るところですよね。

またクローゼットといってもいろいろあり、死亡に至るということは、おそらく1畳にも満たないほどの広さのクローゼットに中に物が詰まっていて、息ができないほどだったのかもしれません。

そのような狭い広さの中に監禁し、一人の力では出れないようにしていたのでしょう。

松原愛華容疑者は、この時、自分の母親と電話をしていたとのこと。

子供を監禁し、母親と何の電話をしていたのでしょうか?
子育ての相談でもしていたのでしょうか?

その間、ずっとクローゼットを抑えているとも考えにくいので、なにか重たいものでクローゼットをふさいでいたと推測できます。

このくらいの歳の女性ですと、Facebookやインスタなどに子育ての悩みなどを挙げている可能性もありますが、現在のところそれは確認できていません。

<追記>

司法解剖の結果がでたようです。
莉蒼(れいあ)ちゃんの死因は、一時的に心肺停止の状態になったことによる低酸素脳症だったとのこと。

医師自適に心肺停止状態になったというのは、クローゼットの中で既に心肺停止状態になっていたということだそう。

おそらく監禁したのは30分ではなく、それ以上だと思われます。

クローゼットの中に押し込むような感じで入れられていたということで、その苦しさを考えると心が痛みます。

莉蒼ちゃんの体に目立った外傷や衰弱はみられなかったとのことで、日常的な暴力による虐待はなかった可能性も出てきました。

事件の概要

札幌市北区の無職、松原愛華(まつばら・まなか)容疑者20歳は、22日午後1時すぎからおよそ30分間、自宅アパートのクローゼットに2歳の長男、莉蒼(れいあ)ちゃんを閉じ込めた監禁の疑いが持たれてます。  莉蒼(れいあ)ちゃんは、クローゼットの中で意識不明の状態で倒れていて、病院に搬送されましたが、23日午前、搬送先の病院で死亡しました。  警察によりますと、松原容疑者は容疑を認めているということで、逮捕前に現場で「しつけのため押し入れにいれた」などと話していたということです。  警察は、莉蒼(れいあ)ちゃんの遺体を司法解剖して死因を調べる方針です。(引用元:HBC北海道放送)

長男と二人暮らしという事でおそらくそんなに広い家に住んでいるとは思えません。

家の広さとクローゼットの広さは比例すると思うので、狭い荷物の詰まった空間でほぼ息ができない状態でぐったりしていたのだと思います。

なんと可哀想なことでしょう。

また、調査がすすみ、莉蒼(れいあ)ちゃんを助けるために救急車を呼んだのは、松原愛華容疑者の母親だったことがわかりました。

その時、松原愛華容疑者と母親は電話をしていて、松原愛華容疑者からクローゼットに閉じ込められていることを聞き、母親が慌てて119番通報したといいます。

松原愛華容疑者は1時間くらいクローゼットに監禁したと供述していますが、本当はもっと長い時間だったような気もします。

松原愛華容疑者の生い立ち

松原愛華容疑者は、20歳で2歳の息子と二人暮らし。

18歳の時にこの子供を出産したということになります。
かなり早い出産ですよね。

おそらく、シングルマザー。そして、結婚もしていないのではないかと思われます。

この莉蒼(れいあ)ちゃんの父親はだれなのか、誰だとわかっているのかも不明です。
どのようにしてできた子であっても、可愛いことには変わりはないはず。

2歳という、一番やんちゃで理性が効かない時期を迎えた莉蒼(れいあ)ちゃんを、一人で育てるという事にストレスを感じたあげくの行動だったのでしょう。

18歳の過ちから起きた、悲しい事件ですね。

松原愛華容疑者の自宅

松原愛華容疑者の自宅はどこにあるのか調べてみました。

「リベア麻生」
北海道札幌市北区北38条西2-2-11

3階建ての比較的きれいなアパートですが、おそらく家賃4万円ほど。
間取りは1LDKか2LDKだと思われます。

松原愛華容疑者の刑罰

自分の子供を死亡させた松原愛華容疑者の罰はどの程度のものなのでしょうか?

今回、継続的に監禁したり、虐待していたとすればその刑は長くなること間違いなしでしょう。

監禁ですと3か月以上7年以下の刑罰になるようです。
自分の子供とはいえ、一人の人間の命を奪ったわけですので、罪はきちんと償わなければなりません。

また、無職である松原愛華容疑者は、生活のためパパ活をしていたという話も出てきています。

新しい男の近くにいるために札幌に引越しをし、子供が邪魔になったという声も聞かれます。

何が本当なのか調査中ですが、2歳という自分一人では何もできない、ただ、頼るのは母親のみという子供を監禁し、殺害した罪は大きいように思います。

まとめ

今回は、「【顔画像】松原愛華容疑者のFacebookを特定!監禁したクローゼットの広さは?生い立ちについても!」と題しまして、松原愛華容疑者の生い立ちを追うと共にインスタやフェイスブックの特定や、監禁した際のクローゼットの広さ、監禁時の状況についても調査してまいりました。

松原愛華容疑者のインスタやFacebookはおそらくですが、特定することができました。
一緒に莉蒼(れいあ)ちゃんと思われる子供が映っていて、いたたまれない気持ちになりますよね。

改めて、莉蒼(れいあ)ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。