【速報】大宮人質たてこもり事件で犯人も女性も寝てた?真相は?

【速報】が入ってきました!

6月17日昼過ぎから、大宮のネットカフェに立てこもっていた犯人が確保され、人質となっていた女性が無事保護されたとのことです。

速報ニュースでは、犯人も人質女性も3畳ほどの狭いスペースで寝てたとのこと。

約30時間ほどの立てこもりの間、いったいどんなことが繰り広げられていたのでしょうか?

今回は「【速報】大宮人質たてこもり事件で犯人も女性も寝てた?真相は?」と題しまして、事件発生から確保までの真相にせまっていきたいと思います。

大宮人質立てこもり事件犯人も人質女性も寝てた?

6月17日昼過ぎから女性従業員を人質にとって立てこもっていた事件。

翌日の6月18日夜22時過ぎに犯人確保と被害女性の保護が発表されました。

それまで、いつ警察は突入するのか、突入しないのは中の様子が把握できているからなどいろいろな憶測が無さ得ていました。

昼過ぎには警察から中の二人へ水と食料の提供がなされたとの発表もあり、中の犯人とのコンタクトが取れていると把握できていましたが、なかなか犯人は部屋から出てきませんでした。

約30時間以上にもわたり、立てこもりを続けた犯人。

人質となっていた女性のストーカーだったとも言われています。

大宮人質立てこもり事件の真相は?

それでは、この大宮人質立てこもり事件を時系列と共に整理していきたいと思います。

6月17日 10時頃 犯人が入店
(この時に身分証明書を提示しているはずなので、警察はここから犯人を割り出したと思われる。)
6月17日 14時頃
犯人が人質となっていた女性従業員を呼び、そのまま立てこもる。
6月17日 16時ごろ
女性従業員が戻ってこないことに気づいた他の店員により通報。
その後、警察が来て説得を続けるが、いっこうに反応せず。
6月17日 夜
現場のネットカフェマンボープラス周辺には規制線が貼られ、この中継を見ようとする人の多さから動画回線がパンク状態に。
6月18日 朝
警察により、ブルーシートが用意され事件に動きがあったかのように思われる。
相変わらず救急車や消防車が多数。規制線も貼られたまま。
6月18日 昼過ぎ
警察により、水と食料の提供がある。このことから、犯人が被害者に対して危害を加えている可能性は低いと判断される。
6月18日夕方
警察による問いかけに、人質の女性従業員は「ハイ」「いいえ」の言葉で反応。
6月18日 夕方
人質になっている女性従業員はロリ顔で小柄な可愛いことが噂に。
犯人は以前からこの従業員目当てで通っていた。
6月18日22時過ぎ
犯人確保。女性従業員保護。

流れとしてはこのような感じかと思われます。

まとめ

今回は「【速報】大宮人質たてこもり事件で犯人も女性も寝てた?真相は?」と題しまして、事件発生から確保までの真相にせまってまいりました。

人質となった女性の心のケアが心配ですね。