★岡本碧優(みすぐ)の小学校/中学校はどこ?プロフィールや家族についても!世界ランキング一位の実力者!

岡本碧優(みすぐ)さんといえば、まもなく開催される東京オリンピック、女子スケートボード日本代表選手で、金メダル獲得の有力候補とされています。

そんな今大注目の岡本碧優(みすぐ)さんについて、プロフィールから家族構成、またその実力についても、詳しく調査してみたいと思います。

岡本碧優(みすぐ)の小学校/中学校はどこ?

岡本碧優(みすぐ)さんの出身小学校は、愛知県高浜市立吉浜小学校です。

この小学校には岡本碧優(みすぐ)さんが小学校6年生の12月まで在籍し、その後引っ越しをしています。

現在のコーチである、笹岡コーチの元で下宿し、スケートボードに専念する為、単身で岐阜県に移り住んだのです。

わずか12歳という年齢で親元を離れる決心をしたのですね。

現在は、その下宿先の笹岡さんの自宅から一番近い、岐阜市立長森南中学校に通っているようです。

岡本碧優(みすぐ)のプロフィールや家族について

・生年月日:2006年6月22日

・年齢:  15歳(2021年7月現在)

・身長:  148cm

・所属:  MKグループ

・趣味:  読書 

岡本碧優(みすぐ)さんのご家族は、父、母、兄、の4人家族です。

岡本碧優(みすぐ)さんがスケートボードを始めたのは8歳(小学校2年生)の頃で、そのきっかけとなったのは、お兄さんです。

お兄さんがスケートボードをやっている姿を見て、自分もやりたいと思ったそうです。

両親がスケートボードをやっていたという情報はありませんでした。

 

岡本碧優(みすぐ)の実力(世界ランキング1位)

岡本碧優(みすぐ)さんは現在、世界ランキング1位す。

中学1年・13歳で世界ランキング1位になったのです。

岡本碧優(みすぐ)さんの試合成績は

 

・2018年、「スケートボード・パーク世界選手権」で初の世界大会出場で5位入賞

・2019年、「デュー・ツアー(アメリカ)」で優勝

・2019年、「国際スケートボードオープン(中国)」優勝

・2019年、「スケートボード パーク世界選手権(ブラジル)」優勝

・2019年、「STUオープン(ブラジル)」優勝

 

堂々たる成績ですよね。小学生で初の国際大会で入賞し、中学生で国際大会優勝を果たしてしまっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

岡本碧優(みすぐ)さんは、愛知県高浜市立吉浜小学校出身。その後、単身岐阜に移り住み、現在、岐阜市立長森南中学校似通う中学3年生でした。

兄がきっかけで、8歳でスケートボードを始め、13歳にして世界ランキング1位まで上りつめました。その栄光の陰には、小学校6年生で、親元を離れる事を決断し、スケートボード一筋に努力してきた姿がありました。

数々の大会で優勝し、着実に、実力と自信を身に着けて、東京オリンピックという大舞台に

13歳という若さで挑む、岡本碧優(みすぐ)さん。皆さんもぜひ、応援宜しくお願いします!