知念辰昇の顔画像と経歴は?未成年飲酒と脱税の過去!【南武株式会社会長】

2021年6月29日、千葉県八街市でトラックが下校中の小学生の列につっこむという事故が起きました。

この事件で小学生の男の子2人が死亡、一人の女の子が重体、2人が軽症という悲劇がおきてしまいました。

この事故を起こした犯人は「梅沢洋」容疑者。

トラックの運転手という職業にもかかわらず、常に酒を飲みながら運転していたといいます。

梅沢洋容疑者は「南武株式会社」の社員。

南武株式会社は仕事前にアルコール検査をしていなかったといいます。

そして、この会社では飲酒が日常茶飯事だったとのこと。

社員の未成年にも飲酒をさせていたといいます。

過去には脱税もしていたとのこと。

そこで今回は「知念辰昇の顔画像と経歴は?未成年飲酒と脱税の過去!【南武株式会社会長】」と題しまして、

*知念辰昇の顔画像と経歴は?

*未成年飲酒と脱税の過去!

 

このテーマでお届けしてまいります。

知念辰昇の顔画像と経歴は?

南武運送の親会社「南武」の知念辰浩社長は、
報道陣に「アルコール検査は普段から行っていなかった。飲酒しないのが前提だった」と話したが、「とにかく酒についての意識が低い会社でした。現場仕事を終えて帰る際には“親方”が人数分の缶ビールを買ってきて車内で酒盛りをしていた。もちろん、運転手も含めてです」と語るのは南武の関係者。

とのこと。

車内で酒盛りをしているのが当たり前とは、どういうことなのでしょうか?

あり得ない会社ですね。

月に1回は従業員や下請け業者が集まる飲み会やバーベキューがあり、社長の親族の“会長”が顔を出すと泡盛をふるまっていた。新入社員歓迎会では、会長が「お前ら酒は飲まないのか?」と高卒の新人に未成年飲酒をさせていました。会長は業界団体の理事長も務める地元の名士。昨年(2020年)には旭日双光章が叙勲されている。毎年、江戸川区の篠崎公園で開かれる会社主催の運動会には、会長と親しい具志堅用高さんも参加していましたよ」

南武株式会社の社長は、知念辰昇。

地元の名士ということで、地元の人の信頼もあることでしょう。

しかし、それと飲酒運転をしていいこととは話は違いますよね。しかも、今回の小学生が亡くなった事故に関して、会長の知念辰昇氏、社長の知念辰浩氏からの対応はなかったとのこと。

責任逃れもいいところですよね。

未成年飲酒と脱税の過去!

デイリーの記事では、知念辰昇の名前は伏せられていましたが、南武株式会社の会長は知念辰昇氏でした。

2020年には、「旭日双光章」を叙勲されているそうです。

知念辰昇会長は、未成年の従業員に酒を振る舞っていたことに加え、脱税の疑惑も上がっていました。

以前南武建設株式会社が架空の外注費を計上するなどしたとのことで、虚偽の所得申請をして法人税脱税を図っていたとのこと。
この時すでに裁判で有罪判決がでていたそうです。
法人税を免れようと企てたことにより、架空外注費を計上するなどして、3回も脱税していたようです。
知念辰昇会長が旭日双光章を受賞しているのか謎ですね、、

まとめ

「知念辰昇の顔画像と経歴は?未成年飲酒と脱税の過去!【南武株式会社会長】」と題しまして、南武株式会社会長の知念辰昇会長について調査してまいりました。