佐山和也容疑者の顔画像・Facebook特定!京三製作所放火の動機は?余罪についても!

2021年1月、横浜鶴見区にある工場で火事が起きました。

役1050平方メートルが焼けましが、ケガ人はゼロ。

この火事は放火によるものだとして、「佐山和也」容疑者が逮捕されています。

今回は「佐山和也容疑者の顔画像・Facebook特定!京三製作所放火の動機は?余罪についても!」と題しまして、

*佐山和也容疑者の顔画像・Facebook特定!

*佐山和也容疑者の京三製作所放火の動機は?

*佐山和也容疑者の余罪について

この点について調査していきたいと思います。

佐山和也容疑者の顔画像・Facebook特定!

佐山容疑者は22歳。京三製作所に警備員として勤務していたと言います。

佐山和也容疑者が逮捕された容疑は「放火」

ニュースではこのように報じられています。

2021年1月、神奈川・横浜市の工場で起きた火災で、当時この工場の警備員だった22歳の男が、放火の疑いなどで逮捕された。 佐山和也容疑者(22)は2021年1月、当時、警備員として勤めていた横浜市鶴見区の工場に侵入し、工場や事務所が入る建物内で段ボールなどに火をつけ、およそ1,000平方メートルを焼損させた疑いなどが持たれている。 佐山容疑者は、火事が起きた日は出勤日ではなく、調べに対し、「拒否します」と容疑を否認しているという。 佐山容疑者は、工場からパソコンを盗み、売りさばいた罪で逮捕・起訴されていて、警察は放火事件との関連を調べている。

建造物等放火罪の疑いで逮捕された佐山容疑者は、現在供述を拒否するといい、容疑を認めていません。

この佐藤和也容疑者はどうやら「セントラル警備保障」に所属しているようです。

22歳という若さ。まだ就職したばかりでしょうか?

まぜこのような放火をしてしまったのでしょう。

佐山和也容疑者のFacebookアカウントを調査しましたが、現在特定には至っておりません。

引き続き調査してまいります。

22歳という年齢からすると何かしらのSNSのアカウントをもっているはずですが、現在ツイッターもインスタも特定できていない状況です。

佐山和也容疑者の京三製作所放火の動機は?

佐山和也容疑者の今回の放火の動機は何なのでしょうか?

この放火をした日は、佐山和也容疑者は仕事はなかったと言います。

わざわざ休日に仕事場に来て、中にある段ボールに火をつけたとみられていますが、休日に仕事場に来ることで怪しまれる等と考えなかったのでしょうか?

この京三製作所になにかしらの恨みや不満があったのかもしれません。

警備員という立場は、会社の警備をし、会社や社員の方々を守る立場。

おそらくセントラル警備保障でもそのような訓練はされているはず。

その精神はなく、放火という犯罪を犯すというのは、サイコパスなのかよほどの恨みがあったのか、、どちらかなのかと予測されます。

佐山和也容疑者の余罪について

佐山和也容疑者はこれまでに2回、この京三製作所のパソコンを盗んだとsh知恵、窃盗の疑いで逮捕されています。

パソコンを盗み、フリマやサイトで売却していたとか。

ネットを使った転売はすぐに身元がわかってしまうでしょうに、そのようなことは考えなかったのでしょうか。

その辺りが若さゆえなのかもしれません。

また、このパソコン窃盗の件で、京三製作所からもきつく言われていたはず。

そのようなこともあり、怒りの気持ちから今回の犯行に及んだのかもしれませんね。

 

ネットの声

まとめ

今回は「佐山和也容疑者の顔画像・Facebook特定!京三製作所放火の動機は?余罪についても!」と題しまして、佐山和也容疑者の顔画像やFacebookを長sしました。

二度もパソコン窃盗で逮捕されたにも関わらず、今回放火をしたとのことで、連続犯罪の罪は重いでしょう。

22歳という若さなのにもったいないと思ってしまいます。

今回はこの辺で。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!