バッハ会長「お前は嘘つき」不審者は誰?顔画像と国籍は?世間の反応も!

現在、東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、日本にバッハ会長が来日しております。

2012年7月15日、バッハ会長と小池百合子都知事は会談を行いました。

その時、不審者が会場に紛れ込んだといいます。

いったいこの不審者とはだれなのでしょうか?

今回は「バッハ会長「お前は嘘つき」不審者は誰?顔画像と国籍は?世間の反応も!」と題しまして、バッハ会長と小池都知事の会談に紛れ込んだ不審者について調査していきたいと思います!

バッハ会長に「お前は嘘つき」不審者は誰?強制退場させられた?

7月15日、来日しているIOCバッハ会長と小池都知事はオリンピック・パラリンピックに関しての最終確認という会談を行いました。

この時にある人物が乱入したと言います。

デイリーによりますと、

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が15日、都庁で東京都の小池百合子都知事と会談したが、思わぬトラブルに見舞われた。
会長が小池都知事の誕生日を祝う花束をプレゼント。
小池知事も喜び、和やかなムードで始まるかと思われたが、フォトセッションの最中に、報道陣にまぎれた男が、英語で「バッハ、お前は嘘つきだ。エアポートイズデンジャラス(空港は危険だ)」と叫び出し、警備員に担がれ強制退場させられる事態に。バッハ会長は余裕たっぷりに「申し訳ないが、理解できない」と、手を広げた。

とのこと。

不審者はすぐに強制退場させられましたが、この警備のやり方が甘いと非難の声が上がっています。

不審者の顔画像と国籍は?

この不審者は英語で叫んでいたとのこと。

顔画像なども調査してみましたが、この乱入し、強制退場させられた男性については、全く情報がありませんでした。

バッハ会長はドイツ人なので、もしきちんと意思を伝えたいのなら、ドイツ語で叫ぶはずですが、英語だったということで、この不審者はドイツ人ではないと思われます。

この不審者はフォトセッションの時に飛び出してきたとのこと。

カメラマンに混ざって中に入ってこれたといいます。
警備の甘さを感じてしまいますね。

バッハ会長来日に関しては、批判する声がおおく、滞在先のホテルのそばでも抗議活動が行われたばかり。

ホテル前にプラカードを掲げて「帰れコール」をしていてニュースにもなりましたよね。

一部の人間は広島滞在を反対している団体もいるようです。

 

世間の反応も!

このバッハ会長に対する

まとめ

今回は「バッハ会長「お前は嘘つき」不審者は誰?顔画像と国籍は?世間の反応も!」と題しまして、バッハ会長と小池都知事の会談に紛れ込んだ不審者について調査してまいりました。

このような状況で無事にオリンピック・パラリンピックをおこなうことができるのか・・

不安が残りますね。