★畑岡奈紗(ゴルフ)のスポンサーは父の会社?母と妹の職業は?賞金も気になる!

鈴木愛理の家族(父・母・弟)は皆プロゴルファー

2021年7月11日、米国女子ゴルフ、マラソンクラシックで優勝を果たした畑岡奈紗さん。

畑岡奈紗さんは、2016年の日本女子オープンで史上初アマチュア優勝をを果たし、続く2017年も優勝して2連覇したことでも有名です。

ゴルフ選手は、多くのスポンサーを抱えるのが一般的ですが、畑岡奈紗さんは、どこの会社がスポンサーを務めているのでしょうか?気になるところです。

また、家族はどのような方たちなのでしょう?

今回は、「畑岡奈紗(ゴルフ)のスポンサーは父の会社?母と妹の職業は?賞金も気になる!」と題しまして、
*畑岡奈紗さんのスポンサーはどこなのか

*家族公正などうなっているのか

*賞金はどのくらいもらっているのか

調査していきたいと思います。

畑岡奈紗(ゴルフ)のスポンサーは?

箇条書きでひとつずつ簡単にお願いします。

プロゴルファーは、いくつかのスポンサーと契約するのが一般的のようで、ウェアやボールやクラブなどを契約したスポンサー企業のものを皆さん使用していますよね。

では、畑岡奈紗さんのスポンサー契約している企業はどこなのか見て行きましょう。

アビームコンサルティング会社

プロ転向後、2017年から3年契約で森ビル株式会社と所属契約をしていた畑岡奈紗さんでしたが、2020年の満了となり、同年5月1日からアビームコンサルティング株式会社と所属契約を締結しました。

森ビルとの契約満了からしばらくの間は、スポンサー不在状態だったのですが、大手のコンサルティングであるアビームコンサルティングが名乗りを上げてくれたことに、畑岡奈紗さんはとても感謝していて、アビームコンサルティングのために世界の頂点を目指すと決心を新たにしていました。

2020年は、コロナ禍のため多くのツアーが中止に追い込まれましたが、2021年になり、マラソンクラシックで優勝できたことは、早速恩返しができたのではないでしょうか。

株式会社山新

畑岡奈紗さんの地元でもある茨城県を中心に、ホームセンターなどを展開している会社です。

この山新のつくば市にあるホームセンターには、畑岡奈紗さんの父・仁一さんも勤務しているということで、結構な話題となっています。プロに転向してすぐに契約したのも父が勤務していることと地元の企業ということが関係しているのでしょうね。

 

2018年には、山新グランステージで、プロ転向後初の握手会・サイン会が行われました。

地元で父の会社で、初めてサイン会が行われたことは、父・仁一さんにとっても畑岡奈紗さんにとっても嬉しいことだったでしょう。

ダンロップスポーツ株式会社

2017年に5年契約で、スポンサー契約を締結しています。

具体的には、ボール、クラブ、キャディバッグ、ヘッドウェア、グローブ、アンブレラなどをSRIXON(スリクソン)のブランドで統一して使用しているということです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nasa Hataoka(@nasahataoka)がシェアした投稿

SRIXONといえば、マスターズで日本人初の優勝を果たした松山英樹さんも使用しているブランドですね。

畑岡奈紗さんも同じブランドを使用しているので、素晴らしい活躍をしてくれることでしょう。

株式会社ヤマニ

株式会社ヤマニとは、2020年2月からウェア契約を締結しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nasa Hataoka(@nasahataoka)がシェアした投稿

畑岡奈紗さんは、Admiral GOLFのウェアを着用しています。カラフルでかわいらしいウェアがたくさんあり、畑岡奈紗さんもとても気に入っているようです。

アディダスゴルフ

アディダスゴルフとは、2020年3月にフットウェア契約を締結し、シューズをアディダスのものに変更しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nasa Hataoka(@nasahataoka)がシェアした投稿

 

ゴルフシューズは、コードカオス(CODECHAOS)のものを使用しているようです。シューズは、ウェアと打って変わってカッコイイ感じのものですね。

スポーツ選手にとって用具はとても大事なものですから、良きスポンサーについてもらうと大いに活躍できることでしょう。

日本航空株式会社(JAL)

日本航空株式会社とは、2018年に3年契約を結んだとのことです。

ゴルフのツアーは、海外のことが多いため、航空会社がサポートしてくれるのは、とてもありがたいことですね。

一般人にとっては、とてもうらやましいことですが、畑岡奈紗さんだけではなく、ご家族も含め、移動のサポートをしているということです。

スポーツ選手にとっては、遠征費用というものは莫大になるものなので、JALという大きなサポートは今後も最重要となってくるでしょうね。

 

以上、6社が畑岡奈紗さんのスポンサー会社となっています。マラソンクラシックで優勝し、今後の活躍も期待される畑岡奈紗さんですから、これからもスポンサーに名乗りを挙げる企業が増えてくるかもしれません。

 

畑岡奈紗の母と妹の職業は?

畑岡奈紗さんの家族は、父・仁一さん、母・博美さん、妹の利安さんの4人家族です。

 

畑岡奈紗さんの父は、株式会社山新に勤務しているサラリーマンということがわかりましたが、母と妹は何をしている方なのでしょう?

母・博美さんは、地元の穴戸カントリークラブのゴルフ場で予約担当として働いていました。

畑岡奈紗さんが、ゴルフを始めるきっかけとなったのも、母・博美さんがゴルフ場勤務だったためと言われています。

さらに、2016年に畑岡奈紗さんが日本女子オープンで優勝した時には、母・博美さんがキャディを務めていたそうです。
当時は、ゴルフ場勤務と重複してキャディを行っていたようですが、2018年4月に畑岡奈紗さんの米国移動に帯同するため、仕事をやめたそうです。子ども思いの素敵なお母さんですね。

また、妹の利安(りあん)さんは、畑岡奈紗さんよりも3歳年下で、ゴルフを行っていることはわかっていますが、現在は大学生なのか仕事をしているのかという情報は、残念ながらありませんでした。

 

今でもゴルフを行っていれば、そのうちアマチュアとして出てくる可能性もありますね。

 

畑岡奈紗の歴代賞金

ゴルフの賞金は、とても高いのでも有名ですが、畑岡奈紗さんは、どのくらいの賞金を受け取っているのか、調べてみました。

 

2016年 73万円

2017年 約6200万円 

2018年 約2100万円

2019年 約7000万円

2020-2021年 約1000万円

(2021年には、マラソンクラシック分は入っていません。) 

 

プロに入って6年しかたっていない畑岡奈紗さんですが、結構な賞金をいただいていますね。

まだ、22歳の畑岡奈紗さんですので、これからもどんどん活躍し、賞金を稼いでいくことでしょう。

まとめ

今回は、「畑岡奈紗(ゴルフ)のスポンサーは父の会社?母と妹の職業は?賞金も気になる!」と題しまして、プロゴルファーの畑岡奈紗さんについて調査してみました。

畑岡奈紗さんのスポンサーは6社あって、その中には畑岡奈紗さんの父が務めている会社もあるということがわかりましたね。

また、母がゴルフ場で務めていたため、ゴルフを始めるきっかけができ、姉妹でゴルフをやっていたこともわかりました。

現在も、奈紗さんのため、母がしっかりサポートしているということで、家族のサポートを受け、これからどんどん活躍していくことが予想されます。

東京オリンピックにも出場する畑岡奈紗さんをこれからも応援していきたいと思います。

 

今回はこの辺で。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。