永井博也弁護士の顔画像や学歴は?600万円横領の理由が競馬などでエグすぎる!

永井博也弁護士の顔画像や学歴についてまとめた記事に使用した写真です。

弁護士横領逮捕は久しぶりです。

「東京弁護士会」に所属する渋谷区の弁護士、永井博也容疑者が、依頼人のために預かっていた損害賠償金、およそ600万円を着服するという事件です。

依頼人のために預かっていた600万円は一体何に使ったのでしょうか?

そんな永井博也容疑者について調査してみました。

本記事でわかることです。

  1. 永井博也弁護士の顔画像
  2. 永井博也弁護士の学歴は高学歴!
  3. 永井博也弁護士が着服した600万円は借金返済でエグい!
  4. 永井博也弁護士に対して世間の声は?

それでは本題に入りたいと思います!

永井博也弁護士の顔画像

永井博也弁護士の弁護士の顔画像ですが、「永井博也 弁護士」で検索すると、Yahoo検索画像で公開されているのでそちらをご確認ください。

追記:Yahoo!ニュースの動画も顔画像がはっきりと見やすいです。

永井博也弁護士の顔画像ですが、笑顔の写真で、中肉中背の男性というところでしょうか。

永井博也弁護士のニュースサイトで公開されているプロフィールはこちらです。

  1. 名前:永井博也
  2. 性別:男性
  3. 年齢:46歳
  4. 住所:東京都渋谷区
  5. 逮捕容疑:業務上横領の疑い

永井博也弁護士の逮捕容疑は、交通事故にあった60代の男性(埼玉県本庄市)の損害賠償請求の代理人として、2020年4月8日に保険会社から受け取った事故の損害賠償金、約600万円を男性に振り込まずに着服したとしています。

最低な行為ですね。

そんな永井博也弁護士の学歴を調べてみました。

次の目次へどうぞ。

永井博也弁護士の学歴は高学歴!

永井博也弁護士の学歴をご覧ください。

  1. 平成5年3月:熊本県立熊本高等学校卒業
  2. 平成7年4月:東京大学入学(浪人したと思われますが素晴らしい学歴です。)
  3. 平成12年3月:東京大学法学部卒業(大学生活でも浪人したのかもしれません。)
  4. 平成13年:司法研修所入所
  5. 平成14年10月:東京弁護士会登録
    引用:永井法律事務所

永井博也弁護士の学歴をみますと、浪人したとはいえ素晴らしい学歴です。

その努力の成果をこんな形で台無しにしてしまうのは残念に思えてなりませんね。

永井博也弁護士は、東京都荒川区荒川で「永井法律事務所」の代表で、ホームページがありました。

ホームページによりますと、「弁護士歴14年の経験を活かし、解決まで徹底サポートいたします。事案に応じて、分割払いで成果報酬の対応も可能です。」と記載されていました。

責任ある姿勢を貫いてほしかったですね。

永井博也弁護士が着服した600万円の使い道が借金返済でエグい!

調べに対して容疑を認め「競馬などにつぎ込んで数千万円の借金があり、その返済にあてた」と供述しているということです。引用:NHK

永井博也弁護士が着服した600万円の使い道は、競馬などで多額の借金があり、その返済にあてたということです。

600万円の使い道は、競馬などでつくった借金返済です。

競馬などということなので、他にもギャンブルをしていたのでしょうか?

それにしても、競馬などにつぎこむと、数千万円の借金になるというのが驚きです。

数千万円の借金になるまで、自己制御できなかったのでしょうか?

数千万円の借金になるまで競馬などをしなければいけなかった理由も気になりますね。

永井博也弁護士に対して世間の声は?

  1. 競馬で負けて借金して取り返そうとして、横領して更に負けてドツボにハマって、最悪。競馬、ギャンブルはやはり楽しむ程度にしないとダメだね。
  2. こういうの弁護士であっても金持ってないパターンだから横領された金の回収できないんだよなあ。支払い義務が残っても60超えたら働き口も少ないし、あっても賃金少ないから返済どころではないだろう(本人が生きるだけなら生活保護がある)せめて実刑でしばらく塀の中に入れるしかないんだろうな。
  3. エリートコースを歩み親も家族も誇りに思っていたんだろうが、一挙に奈落の底に。学業が優秀でも人間性も優秀だとは限らない、頭の良さを犯罪に利用することも多く肩書きで人を信用し切ってはならない。
  4. 昔競馬好きが高じて億のつく馬を買って馬主になったもののその馬が稼がないままに急死したために破産したという人がいた。投資に失敗してお客のカネに手を付けて弁護士会を追放された人もいる。賭け事は金額が張ってくると怖いです。
  5. 弁護士横領逮捕は久しぶりだ。損害賠償金に手を出したらいくら何でもバレるだろう。何れ捕まる運命だろうが競馬に入れ込むほど大穴が当たったのか?

試験制度の最難関である旧司法試験を制した方でしょうに。

本当に残念で情けない事件ですね。

まとめ

依頼人のために預かっていた損害賠償金、およそ600万円を着服した、永井博也弁護士について調べてまとめてみました。

現在は業務上横領の疑いで逮捕された、永井博也容疑者ということになりますが、今後どのように罪を償ってゆくのかが気になるところです。

今回の記事はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。