橋谷田拓也容疑者のインスタとツイッター特定!TDTとは?どんな暮らしをしていた?

橋谷田拓也容疑者のインスタとツイッター特定!TDTとは?豪遊生活は詐欺で得たもの?の記事に使用の写真です。

人工知能を使った暗号資産(仮想通貨)へのウソの投資話を持ちかけて、現金を騙し取ったという疑いで、橋谷田拓也容疑者を含む、男4人が逮捕されました。

橋谷田拓也容疑者を含む男4人は、

総額65億円以上を集めたとされています。

2017年に全国各地でセミナーを開催し、

「出資したら、4ヶ月後に2.5倍になる」などと、ウソの投資話を持ちかけ、現金を騙し取った疑いをもたれていますが、出資者は全国におよそ1万5000人とのこと!

橋谷田拓也容疑者は集めたお金をどのように使っていたかどうかは、

橋谷田拓也容疑者のインスタとtwitterを見れば一目瞭然ですのでご紹介します。

この記事でわかることです。

  1. 橋谷田拓也容疑者のインスタを特定!
  2. 橋谷田拓也容疑者のツイッターを特定!
  3. 橋谷田拓也容疑者のインスタやツイッターに出てくる「TDT」とは?
  4. 橋谷田拓也容疑者はどんな生活をしていた?

それでは本題に入ります。

橋谷田拓也容疑者のインスタを特定!

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎲TDT(OWNER) BOSS(@t_tdt_h)がシェアした投稿

橋谷田拓也容疑者のインスタのアカウントです。

橋谷田拓也容疑者のインスタアカウントのプロフィール名は「TDT(OWNER)BOSS 」です。

自己紹介欄には軍団プロデューサー、呼び名は”BOSS”と記してありました。

2021年7月12日現在、橋谷田拓也容疑者のフォロワーは1.5万人で多くの方にフォローされ、支持されていたことがわかりますね。

インスタの114投稿の内容は、海外のものが多く、

インドネシアバリ島、シンガポール、マカオ、ニューヨーク等々での派手な雰囲気の投稿が多くみられました。

橋谷田拓也容疑者のツイッターを特定!

橋谷田拓也容疑者のツイッターです。

橋谷田拓也容疑者のツイッターには、有吉夜会の動画があり、

ジャニーズWESTの重岡さんが出演し、TDTのシャツを紹介している動画でした。

インスタのプロフィール欄にも、ツイッターのプロフィール欄にも「TDT」という単語がよくありますよね?

さて、TDTとは一体何なのでしょうか?

橋谷田拓也容疑者のインスタやツイッターに出てくる「TDT」とは?

TDTとは?

調査したところ、

橋谷田拓也容疑者が投資詐欺以外にも、会社役員として働いており、

それが、TDT(The Dice Team)というグループのいわば会社名ということだと思います。

TDT(The Dice Team)はどんな会社かというと、

先ほどジャニーズWESTの重岡さんが紹介していたコラボTシャツとか、グッズの販売、またファイナンスのプロジェクトなど、とにかく多角的に活動を行っている会社のようです。

TDT(The Dice Team)は、RIZINという格闘技団体のスポンサーもしているようです。

だから、橋谷田拓也容疑者のインスタやツイッターには、

格闘家と共にいる投稿が多いのですね。(納得です!)

橋谷田拓也容疑者はどんな生活をしていた?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎲TDT(OWNER) BOSS(@t_tdt_h)がシェアした投稿

橋谷田拓也容疑者のインスタやツイッターには、

日本でのパーティーで札束を持ち、

露出の激しい女性たちと派手なパーティーを繰り広げられている様子がわかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎲TDT(OWNER) BOSS(@t_tdt_h)がシェアした投稿

こちらは、 橋谷田拓也容疑者が、インドネシアバリ島に建てたものなのでしょうか?

TDTスタッフメンバーは無料だそうです。

(TDTについては前述したものを参考にされてください。)

ジムとかアクティビティもあり、

空港からはTDTバスとやらがあるようで、バスが空港まで送迎してくれるようです。

他にも、ヘリコプターに乗る投稿や、

豪華なご馳走を食べている投稿など、

その金額はとても想像できるものではありません。

橋谷田拓也容疑者の体型も大きく、46歳には見えませんでした。

橋谷田拓也容疑者の毎日の食生活も気になりますね。

橋谷田拓也容疑者の豪遊生活が投稿されたインスタやツイッターまとめ!

橋谷田拓也容疑者のインスタやTwitterのアカウントを特定しました。

橋谷田拓也容疑者たちが逮捕されたところで、被害者にはお金は返ってはこないのですよね?

資金はどこにあるのでしょうか?

今回の記事はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!