【米粉パン詰まらせ小学5年男児重体】パンの大きさや形や学校名は?いじめの可能性?【佐渡市】

【米粉パン詰まらせ小学生重体】パンの大きさや形は?診断や現在の状態は?【佐渡市】

佐渡市で、8日、給食時にパンをのどにつまらせ、救急搬送されたと発表がありました。

小学校5年男児は、佐渡市内の病院で救急処置を行い、ヘリコプターで新潟市の病院に救急搬送されたそうです。

パンの形や大きさが気になりますし、学校名も気になりました。

小学校5年生の男児ということで、食べ方や、特別養護学級の子なのか?

はたまたいじめがあったのかなども想像してしまいました。

現在の男児の状態が、より、心配ですね。

調査してみました!

米粉パン詰まらせ小学5年男児が重体!パンの大きさや形は?

小学校5年生男児が食べた、パンの大きさや形です。

  1. パンの大きさ:幅10〜12㎝・厚さ3〜4㎝
  2. パンの形:丸い形

男児の食べ方などはまだ公開されていませんが、この大きさを一口二口で食べようとしたのならば、これは窒息する可能性が高いですね。

米粉パン詰まらせ小学5男児が重体!診断や現在の男児の状態は?

米粉パンを詰まらせれ重体の男児は、救急搬送された後、心拍や脈拍はあるものの、意識が戻っていないようです。

診断は「窒息」です。

小学校5年生ということで、男児の食べ方や、もともと、特別養護支援の子供ではなかったのかということも気になりましたが、現在は情報が少なすぎて、公開されていません。

先月の6月、北海道の認可保育所の「めむろかしわ保育園」で、1歳9ヶ月の男児がコッペパンを誤嚥して救急搬送された事件で、現在も集中治療室で治療中です。

いずれにせよ、どの年代も、パンには食べ方によっては、窒息の可能性を秘めていることを理解しておかなければなりませんね。

米粉パン詰まらせ小学5男児が重体!学校名は?いじめはなかった?

米粉パンを詰まらせ重体の、小学5年生男児の学校名は、現在明らかになっていません。

世間反応にこんなコメントがありました。

こんな大きな子で詰まらせるというのもなかなかないような気がします。いじめとかじゃなければ良いですが。とにかく早く意識が戻りますように。引用:Yahoo!ニュース

個人的に共感のできるコメントで、担任の先生がみていない間に、密かにいじめがあったのか?なども想像してしまいました。

テレビドラマの世界で、食べたくないものを無理矢理食べさせる、いじめのシーンを見かけたことも思い出しました。

現実にはみたことがありませんし、ないと願いたいところです。

一昔前は、牛乳早飲み競争とかもありましたし、

大食い大会では、サンドイッチやコッペパン、シュークリームなど、

テレビでもそれらの大食いの放送があった記憶があります。

そういえば、自分が小学校の時は、とにかく早く食べることを担任に促された気がします。

担任が一瞬席を外した時に、

高学年の男児がふざけて給食を一気に口に入れ、

周囲を笑わせるというやんちゃな子もいました。

たいがい男児に多いですよね?

男児の特徴として、スゴいと思われたいがために、虚勢を張ることも少なくはない気がします。

個人的な意見が多く入ってしまいましたが、この事件の詳しい情報が欲しいところですね。

米粉パン詰まらせ小学5年男児が重体!まとめ!

給食は「腹に詰め込む作業」ではありませんよね?

食育の場であることを多くの方に周知していただきたいと思いました。

たかが一欠片のパンで死ぬことがあるという現実。

きちんと、小学校でも家庭でも教えるべきなのではないでしょうか?

どうか、小学校5年生男児に障害がなく、無事に帰って、家族のもとへ帰ることができますように、心からお祈りしています。

今回の記事はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!