川口美嘉容疑者(酒気帯運転ひき逃げ)に夫や子供がいる可能性は低い?飲酒運転した理由は?【札幌市西区】

川口美嘉容疑者の夫や妻はいる?飲酒運転の理由は何?札幌市西区の事件の記事に使用した写真です。

2021年6月にトラックで小学生が亡くなる痛ましい事件があったにも関わらず、また、飲酒運転と、さらにひき逃げの疑いで逮捕されるという信じられない事件が起きました。

逮捕されたのは、札幌市西区宮の沢川口美嘉容疑者です。

事故が起きたのは、2021年6月30日の20時過ぎ、札幌市西区西野4条9丁目付近です。

2台の車に衝突して、軽乗用車の50代女性が軽症を負いました。

札幌市西区西野4条9丁目付近では、川口美嘉容疑者に車を含む3台が絡む事故!と表現しているニュースサイトもありますね。

川口美嘉容疑者は、ひき逃げと酒気帯び運転をした疑いで逮捕されました。

ニュースサイトによりますと基準値の3倍超のアルコール検出!目を疑いました。

お酒を飲んでしまうと自制がきかなくなる恐れがあるのは誰もが知っているはずです。

家族の方や同僚の方など、誰か、飲酒運転を止めてくれる人がいなかったのでしょうか?と疑問から、

川口美嘉容疑者に夫や子供はいなかったのか?また飲酒運転の理由を調べてみようと思います!

本記事で調べたことです。

  1. 川口美嘉容疑者(札幌西区)に夫や子供がいる可能性は?
  2. 川口美嘉容疑者(札幌西区)が飲酒運転した理由はなに?
  3. 川口美嘉容疑者(札幌西区)の飲酒ひき逃げ運転について世間の声は?

それでは本題に入りたいと思います。

川口美嘉容疑者(札幌西区)に夫や子供がいる可能性は?

川口美嘉容疑者の夫や子供の存在については未だ公開がありません。

川口美嘉容疑者の飲酒を誰か止めてくれる、家族のような存在はなかったのかと疑問に思いました。

ここからは想像になりますが、

川口美嘉容疑者が事故を起こした住所は、札幌市西区西野4条9丁目付近で、自宅は札幌市西区宮の沢2条5丁目。

事故現場から自宅までは10分はかかりません。

逮捕されたのは6月30日の20時すぎで、車のナンバーを特定されたので自宅がわかり、自宅前で現行犯逮捕。

介護職という職業で、仕事が終わった後にどこかで酒を購入して飲んだのでしょうか?

飲酒運転自体が許されませんが、万が一、夫と子供がいると仮定して、酒を飲んだ状態で、自宅に帰れるでしょうか?

36歳という年齢もあり、夫と子供がいてもおかしくないと調べてみましたが、川口美嘉容疑者には夫や子供はいない可能性が高いですね。

そうであれば、同じ職場の人などが飲酒を止めてくれなかったのかなど、憤りを感じました。

現在公開されている、川口美嘉容疑者の公開されているプロフィールです。

  1. 名前:川口美嘉
  2. 年齢:36歳
  3. 職業:介護士
  4. 住所:札幌市西区宮の沢2条5丁目
  5. 容疑:酒気帯びと、ひき逃げの疑い
  6. 事故住所:札幌市西区西野4条9丁目付近

川口美嘉容疑者(札幌西区)が飲酒運転した理由はなに?

呼気からは基準値の3倍以上のアルコールが検出されたということです。
引用:Yahoo!ニュース

現在、川口美嘉容疑者が飲酒運転した理由は公開されていません。

考えられることは以下のことなのではないでしょうか。

  1. 飲酒運転が重罪だとわかっていない。
  2. 飲酒運転が重罪だとわかっているのにやってしまった。
  3. 飲酒運転をしても自分は大丈夫だという過信。

なぜ「飲んだら乗るな、お酒飲んだらハンドル握らない」シンプルなことができないのでしょうか?

疑問に思えてなりません。

川口美嘉容疑者(札幌西区)の飲酒ひき逃げ運転について世間の声は?

  1. やってはいけない事をやってるのは、幼稚な頭しか持っていないから、体罰はできないから今より更に刑を重くしないと危なくて公道を走れない。
  2. もうそろそろ道公法の改正を。
  3. 先日のトラック事故を見たり聞いたりして何も思わないのだろうか?本当飲酒運転なんて最悪の行為。同情の余地なんてないから即刑罰にするともっと罪を厳しくしてほしい。

飲酒運転してさらに逃走って… 。

それだけお酒には、正しい判断ができない状態にさせてしまうことが、事件としてあらわれているのに、なぜ飲酒運転が亡くならないのでしょう?

まとめ

川口美嘉容疑者の飲酒運転許されませんね。

世間の声には「八街市の事故のニュースを見ていないの?」という声もたくさんありました。

酔っ払って暴力を振るったり、酔っ払って事故を起こす。

飲酒運転する方を徹底的になくす方法はないのでしょうか?

新しい情報が入り次第追記しますね。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!