シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?陸上100m全米女王がなぜ?

陸上

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?陸上100m全米女王がなぜ?という内容で詳しくお伝えしていきます。

シャカリリチャードソンといえば陸上100m全米女王と呼ばれているアスリート。

そのシャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性と報道されています!

全米女王がなぜ?と気になったので早速調べてみました。

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?プロフィール

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?プロフィールについて調べてみます。

現在、21歳のシャカリリチャードソンは2021年6月19日にアメリカのオレゴン州で開催された全米選手権(2021 USATF Outdoor Championships)の100メートルに出場。

この100メートルを制して五輪行きの切符を手にしました!

同年4月に行われた大会では、10秒72という史上6位のタイムをたたき出しています。

また5月に米国で行われた陸上のコンチネンタルツアー・ゴールド大会のUSATFゴールデンゲームスで「青髪のスプリンター」として一気に話題有名になりました!

■2019年

100m:10秒75

200m:22秒17(U20世界記録を樹立)

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?なぜ発覚した?

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?発覚した理由は?について調べてみます。

シャカリリチャードソンのドーピング検査で陽性となったのは、東京五輪米国代表選考会の薬物検査。

そこで陽性反応になったと報道されています。

使った理由なども調べてみましたが、現時点では公開されていませんでした。

単に勝ちたいと思っていただけなのかもしれませんが、これまでたくさんのアスリートが使っては発覚しています。

わかっていてもやめられない深い闇があるのかもしれません。

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?東京五輪は出場不可能?

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?発覚した理由は?東京五輪は出場不可能?について調べてみます。

今回、ドーピング検査で陽性となってしまったシャカリリチャードソン。

もし、この陽性結果が本当だった場合、処分はどうなるのでしょうか?

調べたところ陽性反応が出た場合は1ケ月から2年の出場停止処分が科せられるとなっているようです。

1ケ月から2年となると東京五輪の出場は不可能に近いかもしれません。

21歳という若さで全米選手権を制したシャカリリチャードソンに世界が注目していただけに、とても残念なニュースとなってしまいました。

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?ネットの反応は?

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?ネットの反応は?について調べてみます。

 

シャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?陸上100m全米女王がなぜ?まとめ

今回はシャカリリチャードソンがドーピング検査で陽性?陸上100m全米女王がなぜ?について調べてみました。

期待が高かった選手だけに今回の報道は残念です。

まだまだこれから伸びる選手だと思っていますので、今後の活躍を期待しています!