遠藤要が傷害事件で逮捕!徳島で飲食店経営の理由と引退後の経緯とは?

元俳優・遠藤要容疑者(37歳)が、徳島県で傷害容疑で逮捕されていたことが明らかになった。

『徳島新聞』によると、
遠藤要容疑者は、徳島市内で飲食店を経営しており、6月13日に徳島市内のビル通路で、20代男性の顔面を数回殴ったり、下半身を数回蹴るなどの暴行し、全治約1週間のケガを負わせた疑いで逮捕されてます。

遠藤さんと言えば、映画『クローズZERO』シリーズ等に出演して、活躍されておりましたが、2018年に“闇カジノ”に出入りして違法賭博の疑いを週刊誌にスクープされたことにより、当時の事務所である『エイベックス』を契約解除となりました。

その後、なぜ、徳島で飲食店を経営していたのでしょうか?

遠藤要が引退後の経緯とは?徳島で飲食店経営の理由とは?

2018年には所属事務所から契約解除されていた後は、どうしていたのでしょうか?

遠藤要さんは、契約解除された年に、俳優の谷川功さんが経営している飲食店で支払いが高いことを理由に暴行事件を起こしております。

そんな中でも、2019年にはドラマ『温泉若おかみの殺人推理』にも出演しており、俳優業を継続していたようですが、なかなか続かなかったのか?

2018年から、歌舞伎町でバーの店長としての仕事もやっていたようです。

その後、現在の徳島県に引っ越されて、バーを経営されております。

残念ながら、

なぜ、徳島に引っ越したのかは、わかりませんでした。。。。

引っ越し理由は、謎ですが、歌舞伎町でバーで店長として勤務した結果、バーの経営ならできるかも?と、決断したことは間違えないと思います。

遠藤要が徳島で飲食店経営の理由とは?

遠藤要さんの出身地は“千葉県野田市”です。

お醤油などが有名な、のどかな場所だと思います。

なんでも、遠藤要さんは母子家庭で育ち、最愛の母親を亡くしたことがきっかけで、グレてしまいヤンキーとなったようですが、高齢者施設での演劇の脚本を書いたことがきっかけで、役者の魅力を感じたようです。

高校時代まで千葉県で過ごした遠藤さんは、19歳のときに役者を志して上京。

上京後は、東京で生活していて、どうして“徳島”だったのでしょうか?

実家が徳島とかなら、わかりそうですが、誰か家族のゆかりの地なのでしょうか?

分かり次第、追記したいと思います。

まとめ

『遠藤要が傷害事件で逮捕!徳島で飲食店経営の理由と引退後の経緯とは?』ということでお伝えしてきました。

遠藤要さんの“悪役”のハマり具合はガチのヤンキーだったことが理由なんですね。

個人的に、『クローズ』や『HiGH&LOW』での演技が好きだったんですけどね。その道だけでも、活躍していけそうだったのに、とっても残念でした。

しっかし、なぜ、徳島だったのでしょう?

知り合いなのか、、、、

心機一転、やり直す場所として選んだのか、、、、だとしたら、今回の傷害事件で台無しでしたが。。。

3度目?の傷害事件ということで、世間の目はさらに厳しくなると思いますが、なんとか頑張って欲しいです。