【顔画像】カラオケパブごまちゃんの犯人エンジニア宮本浩志のTwitterやFacebook特定?

【顔画像】カラオケパブごまちゃんの犯人エンジニア宮本浩志のTwitterやFacebook特定?というタイトルでお伝えしたいと思います。

 

カラオケパブ「ごまちゃん」の殺害事件の犯人が逮捕されたことが話題になっています。

 

犯人は、兵庫県西宮市在住の職業会社員、宮本浩志(みやもとひろし)容疑者56歳になります。

 

宮本浩志容疑者とはどんな人物なのでしょうか。

 

「ごまちゃん」常連客だった宮本浩志氏56歳は、兵庫県の西宮市在住で機器メンテナンス会社勤務のエンジニアのようです

稲田真優子さんに会うために、わざわざ大阪市北区天神橋にある天満駅にある店まで通いつめていたようです。

 

稲田真優子さんが「ごまちゃん」を開店して独立する前に勤めていたカラオケパブからの常連客だったとのことなので、もう4年も稲田真優子さんを追いかけまわしていたことになりますね。

 

お店で働く関係者や他の常連客の間では、トラブルメーカー「ひろし」ということで有名だったようですね。

 

宮本浩志氏の職業は会社員とのことで、不動産関係の会社というウワサもあります。

 

この情報は正確かどうかはわかっていません。

 

また嫁や子供など、家族かいたのかどうかもまだわかってはいません。

 

勤務先や家族の情報など、わかり次第追記したいと思います。

 

 

顔画像やTwitter、Facebookなどが特定されているのか調べてみました。

 

【顔画像】カラオケパブごまちゃんの犯人エンジニア宮本浩志のTwitterやFacebook特定?

 

2021年6月18日、カラオケパブ「ごまちゃん」のオーナーである稲田真優子(いなだまゆこ)さんを殺害した容疑で、宮本浩志氏56歳が逮捕されました。

 

6月14日午前、大阪市北区天神橋にあるカラオケパブ「ごまちゃん」の店内で稲田真優子さんが殺害されているのが発見されました。

 

まだ25歳の若さで、カラオケパブ「ごまちゃん」を1月にオープンしたばかりでした。

 

稲田真優子さんは、6月11日の夕方、店に勤務したあと殺害されたとみられています。

 

宮本浩志氏は、11日の夜に最後まで店に残っていたことがわかりました。

 

警察が防犯カメラを解析したところ、ビルの入り口の防犯カメラには、出入りする姿が写っていたことが逮捕の決め手となったようです。

 

顔画像については、まだ公開はされてはいませんでしたが、ネットには出回っているようですね。

 

宮本浩志氏は、稲田真優子さんが以前につとめていたカラオケパブ時代からの常連客になります。

 

以前から、稲田真優子さんにしつこくつきまっとっていたといわれていますね。

稲田真優子さんは、そんな客について周囲に相談もしていたようです。

あまりにもしつこいので、ごまちゃんへの出入り禁止にしようとしていたようです。

警察にも相談していたので、相当なトラブルだったのでしょう。

では、宮本浩志氏のTwitterやFacebookなどは特定されているのでしょうか。

 

現在のところ、TwitterやFacebookなどは特定されてはいません。

顔画像は???


稲田真優子さんには、しつこく電話をしてきたという証言もあります。

 

年代的にみても、もしかしたらTwitterやFacebookなどは使用していなかった可能性もありますね。

 

TwitterやFacebookなどが特定され次第、さらにどんな人なのか調べてみたいと思います。

 

 

ネットの声

 

【顔画像】カラオケパブごまちゃんの犯人エンジニア宮本浩志のTwitterやFacebook特定?についてのネットの声を見てみましょう。

 

 

 

まとめ

【顔画像】カラオケパブごまちゃんの犯人エンジニア宮本浩志のTwitterやFacebook特定?についてまとめてみました。

 

宮本浩志氏は、稲田真優子さんとは親子ほど年齢が離れています。

 

殺害した動機はどんなことだったのか。

 

また二人の間に、11日の夜に何があったのかはまだ詳しいことはわかってはいません。

 

詳しいことがわかり次第追記をしたいと思います。