JOC幹部経理部長が飛び込み?報道特集で内部告発した現役職員と同一人物か?

JOC経理部長が飛込み?報道特集で内部告発した現役職員と同一人物か?

6月7日午前9時半頃、東京品川区の地下鉄浅草・中延駅で男性がホームに飛び込む人身事故が発生しました。

調べによりますと、その男性はJOC経理部長の森谷靖さん52歳であることが分かりました。

JOCといえば、つい先日の報道特集で現役職員が不審な金の動きについて内部告発をしたばかり。

その内部告発をした現役職員が、この森谷靖さんではないかという噂が飛び交っています。

果たして、内部告発をしたJOC現役職員と森谷靖さんは同一人物なのか!?

調査しました。

 

 

\こちらもよく読まれています!/

森谷靖JOC経理部長(幹部)の経歴・家族・顔画像と遺書について【なぜ?五輪不審なカネが原因か】

https://savethecinema.jp/07/5783/

JOC経理部長が飛込み

報道によりますと、午前9時半頃、東京品川区の地下鉄浅草・中延駅で男性がホームに飛び込む人身事故が発生。

身分証明書や所持品などから、その男性JOC経理部長の森谷靖さん52歳だという事が判明しました。

すぐに病院へ搬送されましたが、およそ2時間後に帰らぬ人となってしまいました。

 

警察や捜査関係者によると、現場の状況などから、森谷さんが自らホームへ飛び込んだものとみられています。

 

午前9時半と言えば、通勤ラッシュ時からは少し時間がずれているとはいえ、今は新型コロナウイルスの影響で時差出勤の方もたくさんいますし、買い物などに地下鉄を利用している方もたくさんいる時間帯です。

 

最終電車の時間帯でもなく、午前中の明るい時間。

そのように人がたくさんいる中でホームに飛び込むという事は、よほど何かに追い詰められていた状況なのではないかと予想されます。。

いったい森谷さんになにがあったのでしょうか。。

 

人身事故のJOC経理部長は報道特集で内部告発した現役職員と同一人物か?

そんな中で、ひとつの憶測がツイッター上で飛び交っています。

 

先日6月5日、報道特集で独自スクープとして放送されたニュース。

膨れ上がるオリンピックの経費。不透明な金の流れがあると、現役職員が内部告発をしたという内容でした。

 

そしてこの内部告発をした現役職員が、今回ホームに身を投げた森谷靖さんその人なのではないか、というものです。

 

現時点では、この二人が同一人物なのかどうか、確認できる確かな情報は見つかっていません。

 

しかし、あまりにもタイミングが合いすぎていると感じてしまうのは私だけでしょうか。。

 

オリンピックの経費として一人20万円、30万円、時には80万円も計上されていると言います。

それも、何度も。時には同一人物がいくつもの名目で受け取ることさえあるそうで。。

 

この不審なお金の動きについて、内部告発をし、テレビの取材に答えたのが現役職員の男性です。

お金の動きについて詳しい資料を確認することができるということは、経理などに携わっていた可能性は十分ありますよね。

 

しかし、この報道によって、自分の立場がとても良くない方向へ進む可能性がある中で、この行動をとるという事は、とても責任感の強い方なのだと思います。

 

この記事を書きながら、以前の森友学園問題の赤木俊夫さんのことを思い出してしまいました。

赤木さんは、財務省の公文書改ざんを上からの圧力で無理やり強要され、涙を流しながら抵抗したにもかかわらず、強行されてしまいます。

その結果、自ら大切な命を絶つことになってしまったのです。。

そのように、私たちからは見ることができない闇の部分というものが政治の中にはまだ渦巻いているのかもしれない。。と恐ろしくなってしまいます。

赤木ファイルの内容とは!佐川の判断で改ざんされた?妻へあてた遺書がすべてを語る

国民の声

今回の事故と報道された内容について、国民の声を集めてみました。

 


怒りの声、怒りを通り越してあきれ返る国民。。

厳しい目が向けられている現実です。

 

まとめ

今回、残念なことに森谷靖さんという方の尊い命が絶たれてしまいました。

いったい何が彼を追い詰めてしまったのか。

オリンピック委員会の不審なお金の動きについて内部告発を行った現役職員と関係はあるのか。

新しい情報が入り次第、お伝えしていきたいと思います。

 

森谷靖さんのご冥福をお祈り申し上げます。