跡部浩二逮捕!太陽光パネルエネルギーの売上金を立憲民主党へ寄付?【全国新エネルギー次世代設備施工協会】

千葉県柏市にある「全国新エネルギー次世代設備施工協会」の代表である跡部浩容疑者さんと、妻で理事をしていた跡部理恵子容疑者がの2人が脱税の容疑で逮捕されました。

しかし、脱税していた疑いがあるにもかかわらず、立憲民主党へ太陽光パネルエネルギー販売の売上金の一部を立憲民主党へ寄付していた可能性も出てきました。

今回は、事件内容を含め、立憲民主党に太陽光パネルの販売の一部売上金を、本当に立憲民主党に寄付していたのかについて調べてみました。

跡部浩二と妻の跡部恵理子が脱税の容疑で逮捕!


この夫妻は、今年、去年、一昨年の3年間に渡って所得の8億5000万円を隠し、法人税などを含めて2億円以上の金額を脱税した疑いを持たれています。

代表者の跡部浩二容疑者は、法人税などを納めようと税理士を探していたのだが、見つけることが出来ずに、間に合わなかったので、自分は悪くないという旨の話をしているとのことです。

税理士を探していたけど見つからなかったという言葉が、協会の代表を務める人の口から出てくるとは思いもしませんでした。

跡部浩二は売上の一部を立憲民主党へ寄付していた?


跡部浩二容疑者は売り上げの一部を立憲民主党へ寄付していたという話があるのですが、本当でしょうか?

ヤフーコメントに、こんな意見がありました。

立憲民主に寄付の記録がありますね…。

8億円所得隠し脱税か 太陽光パネル販売夫婦を逮捕

実際に調べてみたところ、全国新エネルギー次世代設備施工協会が立憲民主党へ寄付をした記録がネットにありました。

参照元:立憲民主党千葉県第8区総支部|収支報告書

上のサイトにあった資料を見ていくと、令和2年の3月と6月と8月に各10万円。

合計で30万円の寄付が「全国新エネルギー次世代設備施工協」の跡部浩二さん名義で寄付されていました。

全国新エネルギー次世代設備施工協会の所在地は、千葉県柏市朝日町1-14-18 後藤ビル4階にあるようです。

やっぱり立憲民主党に寄付をしていたようですね。

納税するお金はなくとも、寄付をするお金は用意できるということでしょうか?

仮に、寄付をすると寄付金控除みたいなのが受けられるとしたら、寄付金控除の制度が使えたと思うし、ただでさえ法人税を支払わずにごまかしていたので、積極的に節税対策も出来たのでは?と思ってしまいました。

まとめ


税理士を雇うことって、経営をしている上の立場にいる人ほど必要になってくることだと思うのですが、今回は税理士が見つからなかったという発言には、本当にびっくりしてしまいました。

きっと、出来る限りの節税対策はしていたのだと思われますが、法人税を払わないってよっぽどのことだと思いました。