新種のゴキブリ発見!色が綺麗で可愛い?気持ち悪い?画像は?【沖縄県宮古島】

沖縄の宮古島で新種のゴキブリが発見されたと話題になっています。

一体どんな見た目や形をしているのかが気になりました。

そこで今回は、新種のゴキブリ発見!色が綺麗で可愛い?気持ち悪い?画像は?ということで、見ていきたいと思います!

新種のゴキブリ発見!


沖縄の宮古島でまたもや新種のゴキブリが発見されました。

新種のゴキブリの名前は「ベニエリルリゴキブリ」と言うんだそうです。

実は去年も35年ぶりに新種のゴキブリ「アカボシルリゴキブリ」と「ウスオビルリゴキブリ」の2種類が発見されたばかりです。

去年、今年と新種のゴキブリの発見ブームが来ていますね!

では、新種のゴキブリってどんな見た目をしているのかについて見ていきましょう!

新種のゴキブリは色が綺麗で可愛い?気持ち悪い?画像は?


新種のゴキブリ「アカボシルリゴキブリ」の見た目は、色が綺麗で可愛いのか、気持ち悪いのか画像を探してみたところありました!

こちらの画像を見て、いかがでしょうか?

従来のゴキブリと比べて綺麗で可愛いと思ったのは私だけでしょうか?

気持ち悪いというようには感じなくて、むしろ丸いフォルムにオレンジ色のアクセントが素敵だなって思いました。

今回発見された「ベニエリルリゴキブリ」のオスの大きさは13ミリぐらいなんだそうです。

想像していた大きさよりも、小さいんだなって思いました。

ちなみに、今回発見された「ベニエリルリゴキブリ」と、昨年発見された「ウスオビルリゴキブリ」は上の画像のように、最近発見された種類のゴキブリの中でも、特にきれいな色をしているため、2021年7月1日から3年間は緊急指定種に定められ、捕獲、殺傷、譲渡が禁じられています。

ヤフオクやオークションサイトなどの売買や取引も禁じられているので注意です!

ちなみに、今回発見されたベニエリルリゴキブリの生息地は宮古島のみ。

去年発見されたウスオビルリゴキブリの生息地は与那国島のみ。

このことから、個体数が少ない可能性があるので、もし見かけたとしてもそっと見守るだけにしておいたほうが良さそうですね!

まとめ


新種のゴキブリが発見されたというニュースを知り、一体どんな風に気持ち悪い形や色をしているのかな?家に侵入してくる敵がまた増える!と思っておそるおそる見てみたら、丸い形はそのままで色が綺麗なゴキブリだったので可愛いと思いました。

今回発見された「ベニエリルリゴキブリ」や去年やそれよりも前に発見された新種のゴキブリたちは、生息地が限られているので、絶滅しないようにと願うばかりです。