板橋踏切事故の原因はながらスマホ?【画像】31歳女性はだれ?場所は東武練馬駅?

7月8日午後7時半ごろ、東京、板橋区の踏み切りで31歳の女性が電車にはねられ死亡する事故がありました。

この事故の原因が女性のながらスマホであることがわかったそうです。

ながらスマホによる事故は大変多く起きています。

この事故で被害にあった女性はどんな方だったのでしょう?

またこの事故が起こった場所はどこだったのでしょう?

事故の状況とともに調べていきます。

踏切事故の原因はながらスマホ

2021年7月8日午後7時半ごろ東京板橋区の踏切で、31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。

はねられたとき、女性は踏み切りの中で、遮断器の前に立っている状態だったそうです。

なぜこの女性は、踏み切り中で立ちつくしていたのでしょうか?

警察の調べによると、女性が事故の直前までスマートフォンを操作していたことがわかったそうです。

踏切事故が起きたときの状況は?画像は?

事故の状況を整理すると、女性は遮断機の警報機が鳴り始める前に踏み切りに入ったようです。

女性が踏み切りに入った後、「すみやかに踏切の外に出てください」という警報機が鳴り始め、およそ10秒後に女性の目の前に遮断機が降りたそうです。

女性は遮断機が目の前に降りた後もそのままスマートフォンの操作を続け、さらにその30秒後電車にはねられてしまったというのです。

 

つまり、女性は30秒ほど遮断器の降りた踏み切りの中でスマートフォンをいじっていたのです。

また事故当時、踏み切りの周りに人がいたようですが、その多くの人がスマホを見ていて、踏み切りの中にいた女性に声をかけた人はいなかったと言うのです。

この状況を聞くと、この事故は確実に防げた事故だったのではないかと思ってしまいます。

 

女性がスマホばかりを見ていなければ…

周囲の人が少し周りを見ていれば…

そんなふうに思わずにはいられないですね。

事故当時の画像がありましたので、こちらも載せておきます。

帰宅ラッシュの時間なので、人も多く騒然としていた様子です。

踏切事故が起きた場所はどこ?

この踏切事故が起こった場所は東京・板橋のどこだったのでしょうか?

調べてみると、この踏切は東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切でした。

 

そのため、この事故は練馬駅にいた人からも見えたでしょう。

ながらスマホが原因で起こる事故はたくさん起きていますが、誰も望まないこのような事故が起きることは防ぎたいですね。

事故にあった女性はだれ?

東京板橋の踏切事故で亡くなった女性はどんな方だったのでしょう?

わかっているのは東武練馬駅近くに住む31歳の女性ということでした。

この女性についてほかに詳しい情報は得られませんでした。

 

事故が起こった時間が午後7時半だったと言うことなので、きっと会社勤めをしていた方だと思われます。

今回不幸にもなくなってしまい、周囲の方々も悲しまれていると思われます。ご冥福をお祈りいたします。

携帯電話使用による事故発生率がひどい

携帯電話を使用しての交通事故がかなり多く起きているようです。

警察が発表している分だけで、令和2年中には携帯電話使用等にかかわる交通事故件数は、1,238件となっています。

また、交通事故の中で調査したところ、携帯電話等を使用していた事故と、使用してない事故を比較した時、死亡事故率は携帯電話を使用していたほうが2倍ほど多いそうです。

 

今回の事故は、運転していた側が携帯電話を使用していたわけではありませんが、やはり携帯電話を使用していた交通事故にカウントされるような気がします。

このような事故が減っていくように願いたいものです。

まとめ

東京・板橋区で起こった踏切事故の原因がながらスマホだったという報道を受け、事故の状況や女性について調べていきました。

ながらスマホによる事故は多く起こっていますが、いずれも防ぐことができる事故です。

自分のため、周りのためにも気を付けたいですね。

亡くなった女性のご冥福をお祈りいたします。