小池百合子都知事は病院でVIP待遇?過労で入院は聖路加国際病院で費用は1泊18万? 

小池百合子都知事が過労で入院との報道がされました。

オリンピックや感染症対策と、次から次に難題が押し寄せる昨今。

しばしの休養で、エネルギーを養い元気になっていただきたいですね。

都知事ですから、良い待遇をお受けになるかと思いますが、超特別待遇VIP扱いを受けているのではとの噂も飛び交っています。

今回は、小池百合子都知事が入院された病院や費用を調査してみたいと思います。

小池百合子都知事は病院でVIP待遇!?どこに入院してて費用は?

世間では、都知事という重責を担っている小池百合子さんだけに、今回の過労による休養に賛否両論あるようですね。

https://twitter.com/makuya_eva/status/1407476827312951296?s=21

番組では、東京都が22日、小池百合子知事が過度の疲労により静養が必要となったため今週中は公務を離れると発表したことを報じた。小池氏周辺によると「疲労の蓄積による静養」のため都内の病院に入院した。新型コロナウイルス感染は確認されていないという。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/73f1e9f96d8ab6d7a16e59c57aa92181d106984a

これまでにも政治家が入院した際にはかなり良い待遇の病院や高額な費用の場所を選ばれていたようです。

ある程度セキュリティはしっかりしていないと、都知事なので困るとは思います。

2021年5月に小泉進次郎さんが虫垂炎で手術を受けられました。

その時は、

  • 診察からすぐに手術を受けられた
  • 豪勢な個室

が話題となりました。

「進次郎氏が訴えた胃の痛みと発熱は虫垂炎の初期症状でした。切羽詰まった病状ではなかったが、大事をとって当日午後の衆院予算委員会を欠席。すぐに手術を受けられることになりました。2時間ほどの簡単な手術だったようです」(前出・政治部記者)  術後の経過観察のため5泊入院。冒頭の通り15日に無事退院となった。しかし、この入院が波紋を呼んでいる。都内の病院、進次郎氏が入院していた部屋は超豪華個室の1つだった。 「広さ100平方メートルを超える特別個室で、リビングに応接室、さらには前室もある一流ホテルのスイートルームさながらです。寝室には50インチの大型テレビが備えつけられ、リクライニングシートに座ってゆったり楽しむことができる。上層階に位置しており、眺望も抜群。宿泊費……いや、入院費は、1泊18万円前後です」(進次郎氏の知人)引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f9c4eb58e77a8ff176bce91d7592d749bbd9e01b

さらに、こう続きます。

個室へは専用のエレベーターで人目を避けて行くことができ、セキュリティーも万全という。しかし、“下界”は新型コロナの感染拡大を受けて、緊急事態宣言の真っ最中。進次郎氏の階下には、生死の境を彷徨うコロナ患者もいたことだろう。 「政治家、特に大臣の場合は、危機管理上、個室に入院すること自体は問題ありません。ただ、1泊18万円というのはかなり高いと思います」(永田町関係者)引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f9c4eb58e77a8ff176bce91d7592d749bbd9e01b

診察終了からすぐに治療、手術を受けられる高待遇。

さらには、1泊18万円の個室に5泊。

個室の広さは100平方メートルを超え、リビングに応接室、50インチの大型テレビ・・・。

感染症対策などで生きるのも必死な人々がいる中で、この豪華な入院生活は波紋を呼びました。

小池百合子さんも再び同じ高待遇なのでしょうか。

都内の病院に入院したということはわかっていますが、どちらの病院かまでは公表されていません。

もし、小池百合子さんが高待遇な病院に入院したとしたら、

  • 聖路加国際病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 三井記念病院

この辺りの病院に入院されている可能性がありますね。

それぞれ費用は前後しますが、安くても個室が5万円、高い部屋だと20万円以上は1泊でします。

都知事だけれど、6人部屋で、個室に泊まったと思ってその費用をどこかに寄付するというような人柄であれば、国民からの理解も得られたかもしれません・・・。

小池百合子知事も1人の人間なので、休む時間が必要です。

と、同時に、多くの手術を待つ患者さんや治療を待つ患者さんをおしのけて特別待遇を受けているのだとしたら、一国民としてがっかりしてしまいますね・・・。

ご無理なさらずに、お元気になってくださいね。

お辛い立場なのだと、察します・・・。