小鳥遊(たかなし)まゆうが消えた原因は?整形依存や父親との確執?母親からのTwitter

アイドルの小鳥遊まゆうさんが24歳でお亡くなりになりました。

小鳥遊まゆうさんの母親がTwitterでそうつぶやかれ報告されました。

今回は、小鳥遊まゆうさんが亡くなった原因やこれまでの整形について調査していきたいと思います。

小鳥遊(たかなし)まゆう母親からのTwitter

こちらが小鳥遊まゆうさんの母親がしたツイートです。

そして、こう続きます。

小鳥遊まゆうさん、どうされたのでしょうか。

ついこの間までお元気にツイートされ、芸能活動を楽しまれていたのに、お亡くなりになってしまいました。

お母様から真優さんのその姿を見るのが辛かったとコメントされています。

まずは、ファンの方にお伝えしたかったというお母様のお気持ちが、生前真優さんがどれだけファンを大切にし、ファンの方々と過ごす時間を楽しまれていたかが伝わってきますね。

小鳥遊まゆうさんの生前、ラストのツイートは、こちらでした。

普段の何気ないコメントですよね。

一体、何があったのでしょうか。

小鳥遊(たかなし)まゆうが消えた原因は?整形依存や父親との確執?

小鳥遊まゆうさんがお亡くなりになってしまった事実は変えられません。

一体、小鳥遊さんの身に何が起こったのでしょうか。

整形依存が引き起こす・・・

整形依存症という言葉を聞いたことがありますか。

小鳥遊まゆうさんは、生前から整形手術を公言されていました。

未成年から6回にも及ぶ手術をされてきたと言われています。

目を整形したら、次は鼻が気になって・・・と、その欲求は止まらなかったそうです。

これまでに、目やまぶたに埋没5万円、切らないタレ目形成に6万円、顔の脂肪吸引に20万円、頬骨削りに70万円、小鼻縮小を2回とプロテーゼに耳介す軟骨移植の3箇所に合計120万円などに費やしてこられました。

整形をするきっかけは、学校のクラスメートに顔が悪いと言われたからだそうで、整形した後にアイドルのオーディションにも受かりアイドル活動がうまくいっていたのも、整形に拍車がかかってしまったようです。

その費用は、母親が出してくれていたようで、これまでに少なくとも約200万円を費やしたようです。

また、整形に対して理解を示していなかった父親とは対立関係にあったようです。

と言っても、父親が整形を認めなかったのは未成年当時の小鳥遊さんやまだまだ若い小鳥遊まゆうさんを思ってのことで、父親との整形に対する対立がお亡くなりになった原因とは考えにくいのではないでしょうか。

お父様もお母様も、まだまだお若い小鳥遊まゆうさんを亡くされた悲しみは甚大なものだと察しいたします。

何者にも変え難い娘さんを、お若くして亡くされたご両親には声をかける言葉も見当たりません。

そんな中、娘さんが生前楽しんでされていたアイドル活動のファンの皆さんには直接お伝えしようと、前に出てきてくださったのだと思います。

まとめ

アイドルの小鳥遊まゆうさんが7月3日から4日かけて24歳の若さでお亡くなりになりました。

母親のツィートで、世間には報告がなされました。

どうかご両親もご無理なさらずに・・・・。

とっても美しく繊細な小鳥遊まゆうさん。

ご冥福をお祈り申しげます。