【バイキング】野々村友紀子(ゆきこ)の今日の不適切発言内容は何?

7月12日の『バイキング』にて、突如アナウンサーが「不適切な内容」について謝罪することになりました。

しかし、「どの点が不適切だったのか」について触れなかったため、波紋が広がる結果になりました。

【バイキング】伊藤アナが「不適切な内容があった」と謝罪も隠ぺい疑惑⁉

バイキングの放送内で、不適切な内容があったと謝罪した伊藤アナ。

しかし、その内容について説明することはありませんでした。

ミスがあったことは仕方ないにせよ、その内容について説明しないということが、「隠ぺい」ととらえられてしまったようです。

しかし、何度も不適切な内容を地上波に流すのも…と、あえて言わなかったテレビ側の意図も理解はできます。

ただ、視聴者に「どの部分だったの?」とかえって疑念を持たせる結果になってしまったことは、改善したほうがいいですね。

ネットでは、何が不適切だったのかを特定する動きに繋がってしまっていました。

隠ぺいしたわけではなく、ただ単に「繰り返し使えない・言えない」言葉だったためと思われますが…思いもよらない形で、視聴者の詮索を誘発してしまったのですね。

【バイキング】野々村友紀子(ゆきこ)の今日の不適切発言内容は何?

不適切発言について調査すると、「キチガイ」という言葉がそれにあたるようでした。

バイキングを見ていると、急に「キチガイ」という言葉が出てきて違和感を覚えた方もいたのではないでしょうか。

しかし、最初から発言しようとしたわけではなく、言い間違いでそうなってしまった説が濃厚です。

もともとは、「行き違い」で、それが発音ミスで「キチガイ」になってしまったということのようですね。

ただ言葉を噛んでしまっただけという可能性もあるので、野々村さんが自分から自然に言っていたわけではなく、安心しました。

しかし、噛んでしまった場合は、その場で言い直すということも大事だということですね。

なお、ネットや日常会話では使われることがありますが、テレビ的には放送禁止用語だったようです。

まとめ

今回のバイキングの不適切発言について調査しました。

ただの言い間違いや「噛み」だった可能性が高いのですが、放送禁止用語だったため、訂正にもその言葉を出せなかったようです。

しかし、どこが不適切だったのかを明示しないまま番組が進行してしまったので、視聴者がかえって詮索する形となってしまいました。

個人的には、今回の不適切発言が放送禁止用語だったことを知らなかったので、勉強になりました!